TUFS Cinema 中国(内モンゴル舞台)映画 『大地と白い雲』上映会(12/12)

東京外国語大学TUFS Cinema 
中国(内モンゴル舞台)映画『大地と白い雲』上映会
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/2022/10/25/221212/

日時:2022年12月12日(月)17:30開映(17:00開場) 

会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/contact/

プログラム
映画『大地と白い雲』本編上映
トーク:山越 康裕(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授)

★入場無料、事前登録制(先着250名)、一般公開

事前登録フォーム 
https://forms.gle/qfok2thgvrtbafcD6

*会場での参加登録も可能(満席の場合、事前登録者を優先)


『大地と白い雲』
監督:ワン・ルイ(王瑞)
2019年 / 中国 / モンゴル語、中国語 / 111分 / 日本語字幕付き

【作品のあらすじ】
内モンゴルに広がるフルンボイル草原に暮らす一組の夫婦。夫のチョクトは都会での生活を望んでいるが、妻のサロールは今の暮らしに満足している。ここではないどこかへ思いを巡らせ、ふらりといなくなるチョクトに腹を立てながらも、彼を愛するサロール。どこまでも続く大地、空を流れる白い雲。羊は群れをなし、馬が草原を駆けぬける。しかし、自由なはずの草原の暮らしにも少しずつ変化が訪れ、徐々に二人の気持ちがすれ違いはじめる。そして、ある冬の夜、二人は大きな喪失を経験する。その日を境に、サロールと草原で生きる覚悟を決めたチョクトだったが…。中国電影家協会・金鶏奨 最優秀監督賞(2020年)、東京国際映画祭最優秀芸術貢献賞(2019年)受賞。

東京国際映画祭(2019年度)コンペティション部門 『チャクトゥとサルラ』のタイトルで上映
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/472866751.html

wanrui kantoku.jpg
最優秀芸術貢献賞受賞 授賞式での王瑞監督 (撮影:宮崎暁美)

シネジャ作品紹介:
『大地と白い雲』のタイトルで
2021年8月21日(土)より岩波ホールほか全国順次ロードショー
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/483030023.html


共催:東京外国語大学TUFS Cinema、TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo)、AA研基幹研究「アジア・アフリカの言語動態の記述と記録:アジア・アフリカに生きる人々の言語・文化への深い理解を目指して(略称 DDDLing)」
協力:東京外国語大学多言語多文化共生センター


◆TUFS Cinema その他の上映会予定はこちらで!
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/screening-schedule#Recently

TUFS Cinema シリア人留学生製作 「日本:灰と瓦礫からの復活」上映会(12/7)

東京外国語大学TUFS Cinema 
『日本:灰と瓦礫からの復活』上映会

https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/2022/11/10/221207/

日時:2022年12月7日(水)17:30開映(17:10開場)

会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/contact/

プログラム
映画『日本:灰と瓦礫からの復活』本編上映
トークセッション: ※言語:英語(日本語同時通訳あり)
 篠田英朗(東京外国語大学教授)
 モハマド・マスリ(早稲田大学大学院博士後期課程在籍)
 マフムド・シェイケ・フセイン(ジャーナリスト)

★入場無料、事前登録制(先着250名)、一般公開

事前登録フォーム 
https://forms.gle/cnsyHuaK7nzKdRJQ9

*会場での参加登録も可能(満席の場合、事前登録者を優先)


『日本:灰と瓦礫からの復活』
監督:Yusuf Aljnde
脚本・編集: Mohammed AlMasri
撮影:Mahmoud Sheikh Hussein (M. Bekas)

2022年 / 日本 / アラビア語、英語、日本語 / 25分×2本 / 日本語字幕付き
2022 / Japan / Arabic, English, Japanese / 25min. x 2 / With Japanese subtitles

【作品のあらすじ】
今だ内戦がつづくシリアからの留学生が見た「広島」(戦争による原爆)と「東北」(自然災害)。そして、それぞれの復興。2本のドキュメンタリーでは「人災」と「自然災害」の被災者の証言を通じ、人々がどのように生き抜いてきたのかを紹介する。原爆、そして津波が政治的、社会的、経済的に日本にどのような影響を与えたのか、その後、日本がどのようにして復興に至ったのかを数々のエピソードを交えて検証する。世界各地で争いや戦いが起きている今日、戦火に見舞われている人々に、「どんな状況にあっても将来は明るい」という希望を与える作品である。

共催:東京外国語大学大学院総合国際学研究科「Peace and Conflict Studiesコース」、TUFS Cinema
協力:東京外国語大学大学院総合国際学研究科「日英通訳・翻訳実践プログラム」、東京外国語大学多言語多文化共生センター


◆TUFS Cinema その他の上映会予定はこちらで!
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/screening-schedule#Recently



posted by sakiko at 18:57Comment(0)上映会

TUFS Cinemaモンゴル・ドイツ合作映画『大地の静脈』上映会(12/5)

東京外国語大学TUFS Cinema 
モンゴル・ドイツ合作映画 『大地の静脈』上映会
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/2022/11/04/221205/

日時:2022年12月5日(月)18:00開映(17:40開場)

会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/contact/

プログラム
司会:山越 康裕(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授)
映画『大地の静脈』本編上映
トーク:上村 明(東京外国語大学大学院総合国際学研究科研究員)

★入場無料、事前登録制(先着250名)、一般公開

事前登録フォーム 
https://forms.gle/W2war6AitLSEkD886
*会場での参加登録も可能(満席の場合、事前登録者を優先)

『大地の静脈』
監督:ダワーギーン・ビャンバスレン(ビャンバスレン・ダワー)
2020年 / モンゴル、ドイツ / モンゴル語 / 96分 / 日本語字幕付き

【作品のあらすじ】
モンゴルの大草原で、11歳のアマルは、母親のザヤ、父親のエルデネ、妹のアルターとともに牧畜を営んでいる。ザヤが家畜の世話をしている間、エルデネは整備士として働き、ザヤの手作りチーズを地元の市場で売っている。そんな彼らの平和な日常は、金を採掘して自然環境を破壊する国際的な鉱山会社の侵攻によって脅かされている。エルデネは、鉱山会社に反対する最後の遊牧民のリーダーであり、会社が提示した補償金を受け取らないよう、仲間を説得して団結させようとしていた。そんな折、エルデネが交通事故で亡くなってしまう。ザヤは遊牧生活をやめて、草原から都会に移り住もうとするが、アマルはそれを拒否し、父の戦いを引き継ごうとする。ドイツ映画賞金賞(2021年)、香港アジア映画祭若手審査員賞特別賞(2020年)受賞、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門出品。


共催:東京外国語大学TUFS Cinema、TUFSフィールドサイエンスコモンズ(TUFiSCo), AA研基幹研究「アジア・アフリカの言語動態の記述と記録:アジア・アフリカに生きる人々の言語・文化への深い理解を目指して(略称 DDDLing)」
協力:人間文化研究機構国立民族学博物館、鳥取大学乾燥地研究センター、東京外国語大学多言語多文化共生センター


◆TUFS Cinema その他の上映会予定はこちらで!
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/screening-schedule#Recently

posted by sakiko at 18:48Comment(0)上映会

映画『モロッコ、彼女たちの朝』上映会 (11/22 上智大学)

上智大学で、2019年にモロッコで制作された映画「モロッコ、彼女たちの朝」の上映会が11月22日(火)に開催されます。

『モロッコ、彼女たちの朝』原題:Adam
公式サイト:https://longride.jp/morocco-asa/
シネジャ作品紹介:http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/482804629.html

臨月を迎えた未婚の妊婦と1組の母子が助け合う姿を描いたモロッコ映画を鑑賞し、北アフリカの社会とジェンダーについて理解を深めます。

映画鑑賞後には、映画に登場するモロッコのパンやことばについて、モロッコ研究者の堀内里香さんに解説いただき、モロッコの社会と文化の面白さに触れます。
(映画はアラビア語に日本語字幕:解説は日本語)

*11月18日(金)までに、下記のフォームから参加登録をお願いいたします。
参加申し込みフォーム 
https://forms.gle/jfrtMjwgq16Uew7b9

【日時】2022年11月22日(火) 17:10 – 19:10

【場所】上智大学四谷キャンパス 6号館101号室 
 最寄り駅 JR中央線・南北線・丸の内線四ツ谷駅より徒歩5分
 https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html

【プログラムProgram】
 17:10 – 17:15 趣旨説明 (岩崎えり奈)
 17:15 – 18:55 映画上映 <モロッコ、彼女たちの朝>上映(101分)
 18:55 – 19:10 映画解説(堀内里香)
 19:10 – 19:20 質疑応答

【主催】
 ・上智大学アジア文化研究所
 ・科研費基盤(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」(代表:長澤栄治)

【共催】
上智大学イスラーム地域研究所
https://dept.sophia.ac.jp/is/iac/

posted by sakiko at 18:09Comment(0)上映会

『東京クルド』上映会と監督との対話会 at Komaba(11/26 東大・駒場キャンパス)

日時:11月26日(土) 14時~17時
会場:東京大学駒場キャンパス講堂(900番教室)
内容:「『東京クルド』上映会と監督との対話会 at Komaba」
   第1部 14時から上映会
   第2部 16時過ぎから対話会

申し込み方法:参加無料ですが事前登録が必要です。
下記リンクからご登録下さい。
後日、開催に関する案内をご連絡いたします。
https://forms.gle/G3mbzgHMe3vXCo8G7

■ドキュメンタリー映画『東京クルド』
2021年公開、103分。現在の日本の難民認定率は1%にも満たない。そうした日本で難民認定を却下され続け「仮放免許可書」保持者として生きるクルド人の青年オザンとラマザンの日常を本作品は描いている。5年以上の歳月を費やした取材を経て
スクリーンに描き出された彼らの日常は、「難民条約」批准しながらも難民受け入れを
かたくなに拒否してきた日本の現状を観るものの目に映し出し疑問を投げかける。

■本作品公式HP:https://tokyokurds.jp
 シネジャ 作品紹介: http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/482310711.html

■本上映会フェイスブックページ:https://onl.sc/bRLjYWn

■上映会後の対話会には日向史有監督のほかに、研究者としてかかわる大学院生の赤坂知美さん(京都大学大学院)、そして本作出演のオザンさんにもご登壇いただく予定です。総合司会:飯野りさ(東京大学)。

■日向史有(ひゅうがふみあり)監督:1980年東京都生まれ。ドキュメンタリージャパン所属。
ウクライナ(2016年)や在日シリア人難民(2016年)に関するドキュメンタリー作品を制作。
本作『東京クルド』の短編版『TOKYO KURDS/東京クルド』(2017年)が先に公開され、国際的に反響を呼ぶ。

主催:科研費基盤研究(B)『中東少数派の音文化に関する研究:共有と非共有に
着目して』(研究代表者:飯野りさ、中東音文化研究会)
共催:東京大学高橋英海研究室
posted by sakiko at 17:53Comment(0)上映会