【2022年映画ベストテン:総合】じょーい小川

1位:『バルド、偽りの記録と一握りの真実』
2位:『リコリス・ピザ』
3位:『ウエスト・サイド・ストーリー』
4位:『かがみの孤城』
5位:『もっと超越した所へ。』
6位:『そばかす』
7位:『英雄の証明』
8位:『ガンパウダー・ミルクシェイク』
9位:『ボイリング・ポイント 沸騰』
10位:『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』


pizza.jpg
(C)2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

今年はほぼ途切れずに毎週4〜6本ぐらい新作映画と向き合い、時には複数回鑑賞したら220本の新作映画を見た。ここ最近では持ち直した数である。

一旦は年間ベストテンを12月5日の段階で作ったが、12月16日から公開の三浦透子主演映画『そばかす』と12月23日から公開した『かがみの孤城』をベストテン上位入れたので、ベストテンに残していた『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』とロマン・ポランスキー監督作品『オフィサー・アンド・スパイ』を泣く泣く落とした。

今回1位から5位の作品はどれもスーパー傑作で、どれも2020年代レベルで語りたい。上半期ダントツだった3位のスピルバーグの『ウエスト・サイド・ストーリー』はミュージカル映画が多かった2021年に公開したとしてもベストテン上位だっただろうし、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『リコリス・ピザ』のうねりにうねった70年代青春映画も2020年代の『アメリカン・グラフィティ』で暫定的に1位になったが、それをさらに超えたのが2020年代の『8 1/2』にして究極のイニャリトゥ映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』だった。夢と現実、生と死、アメリカとメキシコ、そんな境界線、「バルド=中陰」を描いた完璧な映画。まさかここに来て2007年のマイベストの『バベル』を超えるイニャリトゥ映画が来るとは思わなかったし、やはりアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥが世界最高峰の映画作家であることを再認識した。

日本映画もかなり頑張りを見せた年だった。特に5位の『もっと超越した所へ。』には驚かされた。2020年に公開した『タイトル、拒絶』と同様に評判高い舞台劇を元にした作品は今後も要チェック。そして、4位の原恵一監督の『かがみの孤城』のクオリティーには驚かされ、ベストテンを壊した元にもなった。個人的にベストテンにアニメ映画が入るのは2006年の今敏監督作品『パプリカ』以来だったりする。

それで8位にどうしてもベストテンに入れたかった『ガンパウダー・ミルクシェイク』を入れたので、ヨーロッパの映画はイギリス映画『ボイリング・ポイント 沸騰』のみ。惜しかったのはロマン・ポランスキー監督作品『オフィサー・アンド・スパイ』とアレックス・ガーランド監督作品『MEN 同じ顔の男たち』。特に後者は、ベストテン内に同じ12月公開の作品があったから落としたようなものだった。

もう一つ、2022年のベストテンで特筆したいのは5位の『もっと超越した所へ。』、6位の『そばかす』、8位の『ガンパウダー・ミルクシェイク』、9位の『ボイリング・ポイント 沸騰』で、これらは監督作品1本から3本ぐらいのキャリアが浅い監督の作品がベストテンに食い込んだこと。他がアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ポール・トーマス・アンダーソン、スティーヴン・スピルバーグ、原恵一、アスガー・ファルハディ、ウェス・アンダーソンといった世界最高峰のベテランや超ベテラン監督の作品だったことを考えると、こうした既存の名匠がしっかりした作品を出しながらも次の世代が出てきている。

2023年に入ると早速月末にマーティン・マクドナー監督の『イニシェリン島の精霊』や2月にリューベン・オストルンド監督の『逆転のトライアングル』、ダニエルズの『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』といった新世代の作品の公開が控えている。

これに超ベテランのスピルバーグの新作『フェイブルマンズ』にアジア系ベテラン勢のパク・チャヌクの『別れる決心』やチャン・イーモウの『崖上のスパイ』がどこまで響くか?

2023年も骨の髄まで楽しめる、面白い映画に出逢いたい。

2022年ベスト10本(スタッフ・千)

介護とコロナ禍の中、映画館へ足を運び、自分自身も倒れそうになった時がありましたが映画からパワーを貰って生かしてもらいました。映画、心より有難う‼︎ オンラインや映画祭などで観た作品も含めて55本の鑑賞…数が少ないので観た順で10本を選びました(ここ数年、毎年こんな感じです、苦笑)

『82年生まれ、キム・ジヨン』キム・ドヨン監督2020年/韓国
隣り町の図書館でDVDを借りて見たんです…主人公の女性は私の一世代下になりますが、それでもあるんですね家父長制、凄く分かりみ。味方はお母さんだけ…号泣。打倒‼︎家父長制‼︎

『風は生きよという』宍戸大裕監督2015年/ドキュメンタリー
宍戸監督の出身地(仙台市の隣り)の図書館でDVD借りて来ました。人口呼吸器を付けて、たくましく生きる海老原宏美さん。その生き様をたっぷり見させていただきました…2021年、惜しくも他界。合掌。

『なれのはて』粂田剛監督2021年/ドキュメンタリー
仙台駅前の映画館チネ・ラヴィータで観ました。フィリピンで暮らす困窮日本人男性を追う…これってフィリピンだけではなくタイランドとかにも居そう…続編が、もうそろそろ劇場公開予定、観たい‼︎

『おかえり』篠崎誠監督1996年/日本
国立映画アーカイブで開催「1990年代日本映画」特集で上映されました。スクリーンで観るのは3回目くらい。観れば観るほど発見がある…素晴らしい作品。

『メイド・イン・バングラデシュ 』ルバイヤット・ホセイン監督2022年/デンマーク、バングラデシュ 、フランス、ポルトガル
閉じる寸前の神保町岩波ホールで観て来ました。バングラデシュのブラック企業で奮闘する女性達。岩波で上映される作品に、どれだけ影響を受けてきたか…嗚呼、岩波ホール、どうして無くなってしまったのでしょうか…学生時代から何度も訪れた映画館でした、涙。

『風船』川島雄三監督1956年/日本
仙台短編映画祭2022の上映作品で岸野雄一さん(ヒゲの未亡人)の解説付でした。芦川いづみさんの可愛らしさ、いまのところ宇宙一。

2022年ボリビア、ウルグアイ、フランス『UTAMA〜私たちの家』アレハンドロ・ロアイサ・グリシ監督
skipシティ国際Dシネマ映画祭は私の故郷、埼玉県で続いてる映画祭。いまさらながら初めて行ったんです、どの映画も面白く☆これからは毎年行きたいです‼︎ 中でも印象に残ったボリビア高地、ケチュア族の老夫婦の物語。自分自身の老後も心配…。

yoakemade.jpg
(C)2022「夜明けまでバス停で」製作委員会

『夜明けまでバス停で』高橋伴明監督2022年/日本
2020年、東京渋谷区で起きた悲劇が主題の作品ですが、それだけではなく、日本社会をより良くしようと闘う人達の映画。昔、新宿でクリスマスツリー爆弾事件があり(知らなかった!)その犯人が仙台刑務所に服役中とも知り、おもわず散歩がてら刑務所へ寄ってしまいました…。

『すずめの戸締まり』新海誠監督2022年/アニメ
ちょうど実家に帰っていた折に、いちばん近くのAEONシネマへ。東日本大震災がモチーフになっていることに敬服します…家族親族、友人知人を亡くしてる方々にとっては今年は十三回忌(うちは叔母夫婦を津波で亡くしました)福島原発も、いまなお廃炉作業中です。忘れてほしくない。

『ラーゲリより愛を込めて』瀬々敬久監督2022年/日本
仙台駅前PARCOの東宝で映画館納めでした。辺見じゅんさんのノンフィクションを映画化。戦争って酷い…二宮和也さんの言う通りです…その二宮さんファンとおぼしき女性群で映画館はほぼ満席でした☆

2023年はどんな映画と出会えるか?たのしみです。 1月吉日(千)

TUFS Cinema 南アジア映画特集『ハーミド〜カシミールの少年』(2/18)

東京外国語大学TUFS Cinema 
南アジア映画特集『ハーミド〜カシミールの少年』

https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/2022/12/15/230218/

日時:2023年2月18日(土)14:00開映(13:40開場、16:30終了予定)

会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/contact/

プログラム
司会:萬宮健策(東京外国語大学)
映画『ハーミド〜カシミールの少年』本編上映
解説:金子 淳(毎日新聞前ニューデリー支局長)

★入場無料、事前登録制(先着250名)、一般公開

事前登録フォーム 
https://forms.gle/Y7t4rTnrE3tMDDYS6
*会場での参加登録も可能(満席の場合、事前登録者を優先)

作品紹介
『ハーミド〜カシミールの少年』
監督:エージャーズ・ハーン
脚本:ラヴィンダル・ラーンダワー/スミット・サクセーナ
撮影:ジョン・ウィルモア
音楽:アンドリュー・T・マッケイ
美術:シカンダル・アフマド/シャミーム・ハーン
衣装:マニーシュ・ティワーリー
編集:アフザル・シェイフ
製作:Saregama Films/Yoodlee Films
出演:ハーミド……タルハー・アルシャド・レーシー
   アバイ……ヴィカース・クマール
   イシュラト……ラシカー・ドゥガル(『マントー』)
   ラハマト……スミット・コウル

2018年/インド/カラー/108分/ウルドゥー語・ヒンディー語/日本語・英語字幕/原題:Hamid

【作品について】
舞台はヒマラヤ山脈の麓、カシミール。舟大工の息子ハーミドは7歳。ある日、父が姿を消した。警察にはハーミドの母の他にも失踪した夫を探す妻たちであふれている。手掛かりのないまま時だけが過ぎ、生きる気力を失う母。ハーミドにも「父は神の元に旅立った」と諭すのだった。ある時、786という数字が神を示すものであると知り、父の残した携帯電話から神の番号へ電話を掛ける。電話口に出たのは……………………。
2019年インドナショナルアワード ウルドゥー語映画部門最優秀賞受賞。

【カシミールをめぐる動き】
この映画の舞台となっているカシミールの住民の約7割はムスリム(イスラーム教徒)である。インド・パキスタン分離独立(1947年8月)以降、その帰属をめぐり両国はこれまでに3度戦火を交えている。現在は、インドが実効支配するカシミール連邦直轄領と、パキスタンが実効支配するアーザード・ジャンムー・カシミール、中国のアクサイ・チンからなり、第3次印パ戦争停戦時(1972年)に定められた「管理ライン(Line of Control)」が事実上の国境として機能している。2019年2月、治安維持部隊が乗った車両を狙った自爆テロ事件が起き、40人が死亡。同年10月には、モーディー政権が、選挙公約に基づいてジャンムー・カシミール州の自治権を剥奪し、連邦直轄領となった。



◆TUFS Cinema その他の上映会予定はこちらで!
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/screening-schedule#Recently

posted by sakiko at 01:09Comment(0)上映会

イラン映画『18パーセント』上映会とイランの旅の報告会(12/18@上尾) 

Dec18 18percent jooeikai ageo 400.jpg

上尾市文化センターで、イランの記録映画『18パーセント』の上映と
この8月から10月にかけてイランを旅した近内恵子さんのお話の会が開かれます。

2022年12月18日(日)
時間 14:00~16:00(受付13:30)
会場 上尾市文化センター201

■14:00~ イランの記録映画上映会(57分)
『18パーセント』
1988年、化学兵器負傷者5名を乗せた旅客機が、成田空港に…

■15:20~ 近内 恵子さんのお話
今年、8月24日~10月23日イランへの旅…
『生レポートのお届け』

主催 とーくカフェ上尾 共催 イランと日本の親善文化交流会
後援 上尾市/上尾市教育委員会 上尾市国際交流協会
   イラン文化センター(イラン・イスラム共和国大使館)
参加費 500円

問合せ申込み 090-5393-4158(山本)※着信を入れていただければ、折り返しお電話します
※18パーセントとは。。
化学兵器、毒ガスで肺をやられ、肺の機能が18パーセントにまで落ちた。化学兵器の恐さをあらわす…


ドキュメンタリー映画
『18パーセント』(18 Percent)

2018年制作【57分】
監督:モスタファー・シャバーン (Mostafa Shaban)

1988年4月3日、化学兵器による負傷者5名を乗せたイラン航空の旅客機が、成田空港に着陸した。負傷者のひとりアリー・ジャラーリーは、意識不明のままで状態が悪く、東京の大学病院(帝京大学附属病院)へ運ばれ日本の医師たちの治療を受けることになった。主治医を務めたのは、同院救急救命センターの中谷壽男医師であった。この日よりちょうど100日後、中谷医師は、回復の見込みなしと判断し、駐日イラン大使館へあてた手紙の中で、彼をイランへ帰国させ残りの時間を家族と過ごさせるべきと訴えた。それは、このイランの戦傷者が家族と会う最後の機会になると信じての判断だった。その後、この患者の消息は途絶えてしまったが、17年後、ひとりの日本の女性医師から彼に連絡が入った。その知らせを聞いた中谷医師は、喜びで激しく心を揺さぶられたのだった…。
音楽を、アカデミー賞外国語映画賞受賞作品『別離』(第84回)および『セールスマン』(第89回)の音楽を作曲した巨匠サッタール・オラキー(Sattar Oraki)が担当している。




posted by sakiko at 12:18Comment(0)上映会

TUFS Cinema『モアナ:南海の歓喜(サウンド版)』上映会

東京外国語大学TUFS Cinema
米国(舞台:南太平洋 サモア)映画『モアナ:南海の歓喜(サウンド版)』上映会
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/2022/12/05/230108/

日時:2023年1月8日(日)14:00開映(13:40開場)

会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/contact/

プログラム
映画『モアナ:南海の歓喜(サウンド版)』本編上映
解説:金子遊(多摩美術大学准教授/映像作家)
トーク:金子遊、山本真鳥(法政大学名誉教授)
司会:山内由理子( 東京外国語大学准教授)

★入場無料、事前登録制(先着250名)、一般公開

事前登録フォーム 
https://forms.gle/ETgoi38gwgNnArseA
*会場での参加登録も可能(満席の場合、事前登録者を優先)

『モアナ:南海の歓喜(サウンド版)』
監督:ロバート・フラハティ
2014年 / アメリカ / サモア語 / 98分 / 日本語字幕付き

【作品について】
ドキュメンタリー映画の始祖として知られるロバート・フラハティが1926年に製作した「モアナ」に会話や音楽を加え、さらにデジタルリマスターを施した最新版。南太平洋の島サモア。人々は大自然の中でイモや魚を採って暮らし、つつましい日々を送っている。島の男性モアナにはファアンガセという婚約者がおり、結婚の日が近づいていた。モアナは成人男性のしるしであるタトゥーを施し、ファアンガセとともに歓喜の踊りを舞う。島の人々が特別な日を迎えるにあたっての、喜びに満ちた祝祭の儀式を映し出した。1926年にロバート・フラハティが手がけたオリジナル版は無声映画で、1980年に娘のモニカ・フラハティが現地の人々の会話や民謡を録音して付け加え、さらに2014年にデジタルリマスターが施された。

トークセッション登壇者の紹介
金子 遊 KANEKO Yu
多摩美術大学准教授。専門はアートフィルム、ドキュメンタリー、ワールドシネマ、フォークロア研究。『映像の境域』(2017年、森話社)にてサントリー学芸賞受賞。

山本 真鳥 YAMAMOTO Matori
法政大学 名誉教授。専門は文化人類学、太平洋研究、サモア地域研究。2021年に石川榮吉賞を受賞。元日本オセアニア学会/文化人類学会会長。

主催/共催:東京外国語大学TUFS Cinema、日本オセアニア学会、国際機関太平洋諸島センター、海工房
後援:日本文化人類学会関東地区研究懇談会
協力:東京外国語大学多言語多文化共生センター


◆TUFS Cinema その他の上映会予定はこちらで!
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/screening-schedule#Recently
posted by sakiko at 11:59Comment(0)上映会