ロシア・中央アジア映画上映会『カブールの孤児院』*オンライン

筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」による、中央アジアの文化とSDGsへの理解促進のためのオンラインによる第2回ロシア・中央アジア映画上映会をご紹介します。参加無料。どなたでも参加できます。

*******

上映作品:『カブールの孤児院』
シャフルバヌ・サダト監督
2019年、90分
ダリー語・ロシア語・ヒンディー語・ウルドゥー語/日本語字幕付き

日時:令和3年8月20日(金)18:00〜20:00

会場:オンライン (Zoom、ULIZA)

17:45 Zoom開場 ※お早めにお入りください
18:00 作品解説 「映画で見るアフガニスタンの社会と言語─ソ連・中央アジアとの関係を通して─」(筑波大学UIA梶山祐治)
18:25 上映会場開場
18:30 映画『カブールの孤児院』(90分)上映(~20:00)

<申込フォーム>(定員500名)
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_G-GNdj7kS4Whu1BoEswWHg

ご登録後、入室のための URL をお送りいたします。

主催:筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」
協力:日本・中央アジア友好協会(JACAFA),筑波大学 国際局,学生部, グローバルコミュニケーション教育センター社会貢献委員会, スーパーグローバル大学事業推進室, 地域研究イノベーション学位プログラム,人文・文化学群,社会・国際学群

(案内文より)
第2回目となる今回は、アフガニスタンの首都カブールの孤児院を舞台とした、シャフルバヌ・サダト監督の映画『カブールの孤児院』を日本初上映いたします。
冷戦期、地政学上の観点から東西両陣営に重要視されたアフガニスタンは、常に他国の干渉にさらされてきました。10年にわたる軍事介入からソ連軍が撤退を決めた1989年、国内に多く残された孤児たちの姿を通して、現代アフガニスタンの諸問題を深く考えさせる作品です。



"ロシア・中央アジア映画上映会『カブールの孤児院』*オンライン"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: