順不同で沢山 長谷

konosekaino.jpg
(C)2019 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(日本・アニメ)
『家族を想うとき』(イギリス)
『真実』(フランス、日本)是枝裕和監督
『幸福路のチー』(台湾・アニメ)
『台湾、街かどの人形劇』(台湾・ドキュメンタリー)
『チェリー・レイン7番地』(香港・アニメ)
『ホテル・ムンバイ』(オーストラリア・アメリカ・インド)
『金子文子と朴烈』(韓国)
『共犯者たち』(韓国)
『工作 黒金星と呼ばれた男』(韓国)
『国家が破産する日』(韓国)
『東京裁判』(日本・ドキュメンタリー)
『主戦場』(日本・ドキュメンタリー)
『新聞記者』(日本)
『i 新聞記者ドキュメント』(日本・ドキュメンタリー)
『ブラック・クランズマン』(アメリカ)
『バイス』(アメリカ)
『RBG 最強の85才』(アメリカ・ドキュメンタリー)
『ビリーブ 未来への大逆転』(アメリカ)
『おしえて!ドクター・ルース』(アメリカ・ドキュメンタリー)

意外にもまだ筋を覚えている映画が20本もあるのに我ながらビックリしてます。
ベスト10に絞らず申し訳ありません。

"順不同で沢山 長谷"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: