『セメントの記憶』ジアード・クルスーム監督来日イベント(3/21)

3月23日(土)からの『セメントの記憶』公開を前に、ジアード・クルスーム監督が初来日され、前作『The Immortal Sergeant/不死身の軍曹』の上映会&トークイベントが開催されます。

【開催日】
3月21日(木・祝)
※PEATIXにて優先券を予約した方から先に入場。
予約方法などは、https://www.facebook.com/events/2245479125528587/ で!


【会場】

筑波大学東京キャンパス 120講義室  
住所:〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1

【プログラム・スケジュール】

開場:15:00〜
映画上映:15:30〜(72分)*上映後トイレ休憩
トーク:16:45〜

【トークゲスト】
○ジアード・クルスーム(『セメントの記憶』監督)
○松原康介(筑波大学)
○青山弘之(東京外国語大学 総合国際学研究院国際社会部門)
※その他調整中
※モデレーター・有田浩介(サニーフィルム/『セメントの記憶』配給)

【『The Immortal Sergeant』ジアード・クルスーム監督作品】
2013年/シリア・レバノン/72分/ドキュメンタリー/英語字幕

“2011年、私の徴兵は終わったはずだった———しかし祖国で革命運動が始まり私は軍曹へと昇格してしまった。私の仕事は15年間映画を上映していないバースィル・アサド劇場の運営だった。軍での仕事が終わると、私は小さなカメラを持ち友人のモハメド・マラスの映画の撮影現場に足を運び、彼のスタッフの多くの反体制派にカメラを向けた。彼らの家は破壊され、多くの仲間は殺され、国を追われた者も多くいる。撮影が終わると私は家に帰り、祖国で起きている破壊と暴力についてのニュースを見つめる。無力だ。日は再び昇り、私は軍服を着て新しい1日を始めるために出かける”。

シリア人映画監督であるモハメド・マラスの協力のもとジアード・クルスームが完成させた初の長編ドキュメンタリー。映画は、当時ジアード・クルスームが徴兵制によって仕えていたシリア政府軍管理施設の内部と、勤務後に参加していた反体制派の活動家たちが働いていた映画撮影現場の様子を記録しています。二重生活を送り、統合失調病に苦しんでいたジアード・クルスームは、映画で内省的に語り、ラストあるメッセージを残す。

【登壇者プロフィール】
ジアード・クルスーム (Ziad Kalthoum)
1981年シリア・ホムス生まれ。現在ベルリン在住。2009年にクルド人女性グループを追った短編ドキュメンタリー『OH MY HEART』は製作するがシリア国内の上映が禁止される。2010年に政府軍に徴兵され、2011年、アラブの春がシリアに飛び火し首都ダマスクスで平和でもが行われた。デモ鎮圧のために派兵されたダマスクスで市民が兵士に殺されるのを目撃する。2012年、内戦が激化していくなか、兵士として『The Immortal Sergeant』を製作し始める。本作品は2014年ロカルノ国際映画祭でプレミア上映され、BBCが主催するアラビック映画祭2015で最優秀賞を受賞する。2013年、政府軍を抜けベイルートへ亡命し『セメントの記憶』の製作を開始する。2017年に完成した本作品は世界60カ国100以上の映画祭で上映され、ヨーロッパ映画賞、ドイツ映画賞、インディペンデントスピリット賞、アジア太平洋映画賞など世界の栄えある映画賞にセレクトされる。

松原康介(まつばら こうすけ)
1973年神奈川生まれ。筑波大学システム情報系社会工学域・国際総合学類准教授、地中海・北アフリカ研究センター兼任准教授。専門は都市計画史。近著に『地中海を旅する62章 歴史と文化の都市探訪』(明石書店、2019年)。2006-07年アレッポ大学学術交流日本センター研究員、2009-12年JICAダマスカス都市計画プロジェクト専門家。映画『セメントの記憶』パンフレットの執筆に参画。

青山弘之(あおやま ひろゆき)
東京外国語大学 総合国際学研究院国際社会部門
1968年東京生まれ。東京外国語大学教授。東京外国語大学卒。一橋大学大学院修了。1995~97年、99~2001年までシリアのダマスカス・フランス・アラブ研究所(IFPO、旧IFEAD)に所属。JETROアジア経済研究所研究員(1997~2008年)を経て現職。専門は現代東アラブ地域の政治、思想、歴史。編著書に『シリア情勢:終わらない人道危機(岩波新書)』(岩波書店、2017年)、『「アラブの心臓」に何が起きているのか:現代中東の実像』(岩波書店、2014年)などがある。ウェブサイト「シリア・アラブの春顛末記」(http://syriaarabspring.info/)を運営。

有田浩介(ありた こうすけ)
映画配給会社サニーフィルムの代表。世界のドキュメンタリーを買い付けて国内配給をしています。


『セメントの記憶』については、こちらで!




"『セメントの記憶』ジアード・クルスーム監督来日イベント(3/21)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: