ASNET主催 映画シンポジウム「アジアを知る―『真昼の星』上映&ウサーマ・ムハンマド監督講演―」

mahiruno hosi.jpg

日時:10月17日(木)18時から(17時半開場) 入場無料 予約不要
場所:東京大学本郷キャンパス山上会館
https://asnet-utokyo.jp/news/asnet/5743

上映作品:『真昼の星』(Nujūm al-nahār) 1988年 シリア国立映画総局 105分

作品内容:シリアのアラウィー派山村で従兄弟婚が行われるが、花嫁は強制され た結婚を望んでおらず、婚礼は大波乱となる。それでも兄は有力な親族との結婚を妹に強いるべく東奔西走する一方、聴力を失った弟にも愛するがゆえに暴力を ふるい続ける。「普通の人間として尊重されたい」と、ダマスカスに逃げ出した弟はつぶやく。小さな家族の崩壊を描きながら、その背後に巨大な権力の仕組み が控えていることを暗示したが故に、国内では上映禁止となったが、カンヌを含め国外で高く評価され続けた。監督の代表作品。

講演者:ウサーマ・ムハンマド監督 (『シリア・モナムール』2014など)
司会:山本薫
聞き手:岡崎弘樹 
通訳:森晋太郎

主催:科研費新学術領域研究「グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて」計画研究B01班「規範とアイデンティティ:社会的紐帯とナショナリズムの間」(代 表:千葉大学 酒井啓子)
東京大学 日本・アジアに関する教育研究ネットワーク
共催:東京大学東洋文化研究所、中東映画研究会

★ウサーマ・ムハンマド監督は、山形国際ドキュメンタリー映画祭2019のインターナショナル・コンペティション審査員を務められます。
posted by sakiko at 19:25Comment(0)研究会

中東映画研究会『イラン女子サッカー奮闘記』(2月14日 5時半~) 

中東映画研究会のご案内をいただきました。
参加無料。どなたでも参加できます。
参加ご希望の方は、案内に記載の連絡先にご一報お願いします。
私も参加予定です!(咲)

*******

【日時】2018年2月14日(水) 17:30~(17:00開場)

【会場】東京大学東洋文化研究所 3階 大会議室

【題材】『イラン女子サッカー奮闘記』
    2008年/シンガポール・OAK3 Films制作
    ペルシア語・英語音声、日本語字幕

【テーマ】 野 心
アジアのサッカー大国イラン。サッカー大好き少女も大勢います。しかし、国内では複雑な政局やイスラームの基準なるものに揺れ、さらには「メンバーに男が混じってる!?」と難癖をつける国際社会。サッカーボールをめぐって行き交う様々な希望と思惑。それでも世界の女子フットサル選手10人に選ばれるまでに成長した、イラン女子サッカーを通して、イラン社会とイランをめぐる国際関係を考えます。

【コメンテーター】山岸智子氏(明治大学・教授)

  山岸先生は、イメージとイデオロギーの連関性に着目なさりながらイラン研究に携わってこられました。イランにおける市民運動とジェンダーの問題についても多くの著書を発表なさっておられます。

【主催】中東映画研究会

【共催】東京大学、東洋文化研究所附属 東洋学研究情報センター、東洋文化研究所班研究「中東の社会変容と思想運動」、日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(ASNET)

※ どなたでもご参加いただけます
※準備の都合上、事前に参加希望のご連絡をお願いします(MEcinema2014[at]gmail.com)[at]は@に変換をお願いします。
※ 参加は無料です

【お問い合わせ】 中東映画研究会 MEcinema2014[at]gmail.com

https://asnet-utokyo.jp/studies/seminar/4044 
posted by cineja at 09:38Comment(0)研究会