パンドラ創立31周年特集上映

<パンドラ創立31周年特集上映 時代とともに>

第1回配給作品『ハーヴェイ・ミルク』を皮切りにこれまで
配給した数々の作品から、35本を厳選して上映
◆9月15日(土)~10月12日(金)
◆新宿K’s cinema

★スケジュールなど詳細はHPで
http://www.pan-dora.co.jp/pandora31/#top

◆上映予定作品(製作国/上映時間)

光と闇の伝説 コリン・マッケンジー もう一人のグリフィス
(ニュージーランド(「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督作)/53分)
レニ (独・仏・ベルギー/182分)
アイ・コンタクト もう1つのなでしこジャパン ろう者女子サッカー (日本/88分)
アシク・ケリブ (ソ連/74分)
美しい夏キリシマ (日本/118分)
エルミタージュ幻想 (露・独・日本/96分)
おじいちゃんの里帰り (独/101分)
カスパー・ハウザーの謎(独/109分)
北朝鮮強制収容所に生まれて(独/106分)
禁じられた遊び (仏/86分)絶賛上映中!!
結婚演出家 (伊/100分) 
鉱毒悲歌 (日本/103分)
こつなぎ 山を巡る百年物語 (日本/120分)
小人の饗宴 (独/96分)
ざくろの色 (ソ連/73分)
ザ・フューチャー (独・米/91分)
シアター・プノンペン (カンボジア/105分)
ジプシー・フラメンコ (西/84分)
旅の贈りもの 0:00発 (日本/109分)
問いかける焦土 (仏・英・独/54分)
ナヌムの家 (韓国/98分)
ハーヴェイ・ミルク (米国/87分)
ハートの問題(伊/104分)
花咲くころ (ジョージア/102分)
日陽はしづかに発酵し…(ソ連/138分)
100人の子供たちが列車を待っている (チリ/58分)
Viva!公務員(伊/85分)
夫婦の危機 (伊/112分)
プライドinブルー (日本/84分)
娘よ (パキスタン・米国・ノルウェー/93分)
もうひとつの世界 (伊/100分)
よりよき人生 (仏/111分)
陸軍前橋飛行場 私たちの村も戦場だった(日本/69分)
ロシアン・エレジー(露/69分)
笑う故郷 (アルゼンチン/西/117分)

★トークイベント予定
9月16日(日)12:15の回『美しい夏キリシマ』上映終了後 日向寺太郎監督 松田正隆さん
9月20日(木)10:00の回『アイ・コンタクト もう1つのなでしこジャパン ろう者女子サッカー』上映終了後 中村和彦監督
9月20日(木)12:15の回『プライドinブルー』上映終了後 中村和彦監督

いつもお世話になっている映画配給会社のパンドラさん、創立31周年!
シネジャとほぼ同じですね。
35本あがっている作品中、何本ご覧になりましたか?
未見の作品がありましたら、この機会にぜひスクリーンで~!(白)
posted by shiraishi at 19:13Comment(0)上映会

軍隊のない国コスタリカの大統領選挙視察報告会+映画「コスタリカの奇跡」上映会

29244380_1841641852534914_712847451672805376_n.jpg


~いばらき県西シネマネットの仲間である「まちなかシネマ+」さん達が開催します~
https://ameblo.jp/sekosampei/

軍隊のない国コスタリカ。
2月にそのコスタリカを訪れ「大統領選挙」と「子ども模擬選挙」を視察された林大介さんからご報告をいただきます。
合わせて、映画「コスタリカの奇跡」上映会も開催いたします。
まだご覧になっていない方は上映会もご参加ください。
平和教育・民主主義教育について、皆さんと考えたいと思います。

●開催日:2018年4月15日(日)
●時 間:
 上映会12:20~13:50 ※開場20分前
 報告会14:00~16:00 ※報告者:林大介さん
●参加費:
 上映会1,000円(※子供・学生は500円)...
 報告会 500円(※上映会参加者及び子供・学生は無料)
●定 員:各回30名
※予約・当日参加共に定員に達し次第受付終了いたします。予約は下記の問合先からどうぞ。
●会 場:小山市まちなか交流センター「おやま~る」
http://oyamachi.jp/
※TEL 0285-20-5562
※小山市城山町3-7-5城山・サクラ・コモンビル2階
※小山駅西口より徒歩5分※お車でお越しの際は、最寄りの有料駐車場もしくは小山市役所駐車場をご利用ください
●主 催:(映画で)ぼくらのまちを観るの会スピンオフ「コスタリカの奇跡」上映委員会
●共 催:あそびのまち社、小山市市民活動センター
●問合せ tel : 070-6521-9554(ほり)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
報告者:林大介さんプロフィール
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
1976 年 3 月東京生まれ/うお座/O 型/3 児の父親
東洋大学社会学部社会福祉学科 非常勤講師/立教大学 兼任講師
東洋大学ボランティア支援室 ボランティア・コーディネーター
~18 歳選挙権を機に、文科省・総務省が作成した高校生向け副教材『私たちが拓く日本の未来』作成協力、総務省「主権者教育の推進に関する有識者委員」など、子ども・若者の政治参加や主権者教育に関わっている。ほか、川崎市子どもの権利委員会委員、世田谷区子ども・青少年問題協議会委員、模擬選挙推進ネットワーク事務局長、一般社団法人日本政治教育センター代表理事等。

模擬選挙推進ネットワーク
http://www.mogisenkyo.com/
子どもの権利条約ネットワーク
http://www.ncrc.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
映画「コスタリカの奇跡 」~積極的平和国家のつくり方~
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Synopsis
1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー

世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。そんな数少ない国の一つで、1948年に常備軍を解体した国がコスタリカだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いているのがコスタリカである。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもある。

『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのかを詳しく説明する。アメリカでは公的債務、医療、そして軍事費が日増しに増大していっていることとは対照的だ。この映画は軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールや、ノーベル平和賞を受賞したオスカル・アリアス・サンチェスなどの元大統領や、ジャーナリストや学者などが登場する。世界がモデルにすべき中米コスタリカの壮大で意欲的な国家建設プロジェクトが今明らかになる。

原題A BOLD PEACE
製作年2016
製作国アメリカ・コスタリカ
制作ソウル・フォース・メディア、スパイラル・ピクチャーズ(制作協力)
配給ユナイテッドピープル
時間89分
(映画HPサイトより)