ロシア・中央アジア映画上映会『カブールの孤児院』*オンライン

筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」による、中央アジアの文化とSDGsへの理解促進のためのオンラインによる第2回ロシア・中央アジア映画上映会をご紹介します。参加無料。どなたでも参加できます。

*******

上映作品:『カブールの孤児院』
シャフルバヌ・サダト監督
2019年、90分
ダリー語・ロシア語・ヒンディー語・ウルドゥー語/日本語字幕付き

日時:令和3年8月20日(金)18:00〜20:00

会場:オンライン (Zoom、ULIZA)

17:45 Zoom開場 ※お早めにお入りください
18:00 作品解説 「映画で見るアフガニスタンの社会と言語─ソ連・中央アジアとの関係を通して─」(筑波大学UIA梶山祐治)
18:25 上映会場開場
18:30 映画『カブールの孤児院』(90分)上映(~20:00)

<申込フォーム>(定員500名)
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_G-GNdj7kS4Whu1BoEswWHg

ご登録後、入室のための URL をお送りいたします。

主催:筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」
協力:日本・中央アジア友好協会(JACAFA),筑波大学 国際局,学生部, グローバルコミュニケーション教育センター社会貢献委員会, スーパーグローバル大学事業推進室, 地域研究イノベーション学位プログラム,人文・文化学群,社会・国際学群

(案内文より)
第2回目となる今回は、アフガニスタンの首都カブールの孤児院を舞台とした、シャフルバヌ・サダト監督の映画『カブールの孤児院』を日本初上映いたします。
冷戦期、地政学上の観点から東西両陣営に重要視されたアフガニスタンは、常に他国の干渉にさらされてきました。10年にわたる軍事介入からソ連軍が撤退を決めた1989年、国内に多く残された孤児たちの姿を通して、現代アフガニスタンの諸問題を深く考えさせる作品です。



posted by sakiko at 11:58Comment(0)上映会

EUフィルムデーズ2020 オンライン

eu2020.jpg

18回目の開催予定だった今年、新型コロナウィルスの感染拡大のため、東京、京都、広島での開催は中止となり、代わって「EUフィルムデーズ2020オンライン」と題したオンライン映画祭を青山シアターにて特別開催することになりました。
日本未公開作品(7作品)や過去のEUフィルムデーズでご好評いただいた選りすぐりの作品を含む、20カ国21作品をお届けします。

★会期:2020年6月12日(金)~25日(木)
 https://eufilmdays.jp/
 
★配信:青山シアター https://aoyama-theater.jp
 ご視聴には会員登録(無料)が必要です。
 視聴方法および購入・視聴可能期間など詳細は青山シアターのウェブサイトをご覧ください。*「青山シアター」とは映画配給会社ギャガが運営する動画ポータルサイトです。

★会期・料金・プログラム 
 https://eufilmdays.jp/lineup/
 
 ①1作品:300円(税込) 
 ■購入可能期間:6/12日~25日 
 ■視聴可能期間:購入後72時間
  ※「バルバラ セーヌの黒いバラ」「メモリーズ・オブ・サマー」は、6/12日~18日、「ブレンダンとケルズの冒険」 は 6/12日~16日の期間限定販売。
 
  ②プログラムパックA~F:各500円(税込)
 ■購入可能期間:6/12日~23日 ■視聴可能期間:購入後120時間
 ※ Fプログラムのみ、6/12日~18日の期間限定販売。
 
 ③「ファイナル・カット」無料配信  
 ■提供期間:6/12日~25日 
 ■視聴可能期間:購入手続き(0円)後72時間 

★チラシダウンロードはこちら
posted by shiraishi at 14:35Comment(0)上映会

イラン人監督がパレスチナを描いた『生存者』上映会@東大(3/3) 

イラン人監督制作の映画『生存者』の上映会の案内を主宰の「イラン親善大使グループ」様よりいただきました。

******

イラン映画上映会(ホームシアター形式) 
seizonsya.jpg

イラン人監督制作、パレスチナ問題をテーマにした映画『生存者』(バーズムンデ)を日本語字幕で放映致します。

日時:3月3日(火)18:30~21:00
場所:東京大学構内書店 建物3階(消費生活協同組合の部屋)
会費:500円(イラン紅茶お菓子資料代)

参加資格は特にありません。
要予約ではありませんが、ご連絡頂けますと助かります。

申込/問い合わせ 090-5393-4158(山本)
着信頂ければ、折り返しお電話致します。
posted by sakiko at 10:16Comment(0)上映会

中国・香港映画『桃さんのしあわせ』上映会(3/13)@東京外国語大学

TUFS taosan.jpg


日時  2020年3月13日(金)18:00開映(17:30開場)

会場  東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール

プログラム
◆映画『桃さんのしあわせ』本編上映
  監督・製作:アン・ホイ
  出演:ディニー・イップ、アンディ・ラウ、チン・ハイルー、アンソニー・ウォン他
  シネジャ作品紹介

◆トーク解説:
1. 「高齢者の在宅ケアと中国文化」澤田ゆかり(東京外国語大学教授)
2. 「『妹仔』から『外傭』まで:『 桃さんのしあわせ』に見る香港の家事労働者イメージ」小栗宏太(東京外国語大学博士後期課程)

★入場無料、申込み不要(先着501名)、一般公開

主催:東京外国語大学 TUFS Cinema
協 力:東京外国語大学多言語多文化共生センター

作品内容、登壇者経歴、会場アクセスなど詳細はこちらで!


posted by sakiko at 22:07Comment(0)上映会

イラン革命のドキュメンタリー映画『自由のために』上映会(1/10)

東京外国語大学ペルシア語専攻主催で、イラン革命のドキュメンタリー映画『自由のために Bara-ye Azadi』上映会が開催されます。
3度目の上映となりますが、鈴木均様によるパワーアップした解説付きです。
昨年の上映会の模様はこちらでご覧ください。
http://cinemajournal.seesaa.net/article/463646371.html
シュプレヒコールがとても音楽的で、イラン人の詩心を感じました。

*******

ペルシア語専攻主催 ドキュメンタリー映画で追体験する革命の鼓動

日時:2020年1月10日(金)14:20-17:30

上映作品:『自由のために Bara-ye Azadi』(1979 年制作)

監督:ホセイン・トラービー Hosein Torabi

上映時間:109分/35ミリフィルムからDVDに変換、カラー

※この映画はナレーション等がないため、配布資料に基づき上映中に補足説明を行います。

会場:東京外国語大学 研究講義棟101教室

参加費無料、一般公開、事前申込不要

詳細はこちら
http://www.tufs.ac.jp/event/2019/191225_1.html


◎東京外国語大学 府中キャンパス アクセス
http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html
〒 183-8534 東京都府中市朝日町 3-11-1
* JR 中央線 「武蔵境」駅のりかえ西武多摩川線「多磨」 駅下車徒歩 5 分
*京王電鉄 「飛田給」駅北口より多磨駅行き京王バスにて約10分
「東京外国語大学前」下車  
 府中駅、武蔵野台駅からチュウバス(100円)もあります。





posted by sakiko at 10:26Comment(0)上映会