クルドの吟遊詩人を巡る映画『Voices from the homeland』オンライン上映会

クルドの吟遊詩人、デングベジュたちの物語をめぐるドキュメンタリー映画『Voices from the homeland 地図になき、故郷からの声』のオンライン上映会をご紹介します。

日時:2021年8月29日(日)13:00~
会場:Zoomを用いたオンライン開催

【主催】
・科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」(研究代表者:長沢栄治(東京外国語大学))
・科研費基盤研究(A)「トランスナショナル時代の人間と「祖国」の関係性をめぐる人文学的、領域横断的研究」(研究代表者:岡真理(京都大学))

登録フォーム
https://forms.gle/f7XFRLbm8cAj5iCx8


『Voices from the homeland 地図になき、故郷からの声』
監督:中島 夏樹
2021年, クルド語・トルコ語・日本語, 60分

デングベジュは、伝統的なクルドの語り部であり、歌い手である。クルド人の母語であるクルド語は、トルコにおいて長いこと禁止されてきた。
それでも、デングベジュたちはいにしえの言葉、クルド語で歌い続け、人びとの記憶と心の叫びを声にのせ、物語として語り継いできた。
土に埋められた秘密のカセットテープを、40年探し続けるひとりのデングベジュ。
子どもたちをトルコ人と同じように育てることで彼らを守ろうとした、村で最後のデングベジュ。
物語を語り継ぐデングベジュたちの「物語」にのせて届けられた彼らの声は、いま、クルド人の新たな物語が紡がれている日本で解き放たれた。

【スケジュール】
13:00-13:20 解説:中島 由佳利氏
13:20-14:20 映画上映
  休憩(10分)
14:30-15:30 講演:中島 夏樹氏、磯部 加代子氏
15:30-16:00 質疑応答

【登壇者紹介】
◆中島 夏樹 Natsuki NAKAJIMA
 作曲家、映像作家。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。東京藝術大学美術研究科先端芸術表現科修了。2018年、株式会社MAGNETICA studio設立。
◆磯部 加代子 Kayoko ISOBE
 クルド文学翻訳家、トルコ語通訳。訳書に、ムラトハン ムンガン編『あるデルスィムの物語―クルド文学短編集』さわらび舎, 2017年 他。
◆中島 由佳利 Yukari NAKAJIMA
 ノンフィクションライター。クルド人問題研究家。クルドを知る会メンバー。著書に『新月の夜が明けるとき―北クルディスタンの人びと』新泉社, 2003年 他。

【問い合わせ先】
イスラーム・ジェンダー学科研事務局( office@islam-gender.jp )

http://islam-gender.jp/news/337.html
posted by sakiko at 12:14Comment(0)上映会

ロシア・中央アジア映画上映会『カブールの孤児院』*オンライン

筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」による、中央アジアの文化とSDGsへの理解促進のためのオンラインによる第2回ロシア・中央アジア映画上映会をご紹介します。参加無料。どなたでも参加できます。

*******

上映作品:『カブールの孤児院』
シャフルバヌ・サダト監督
2019年、90分
ダリー語・ロシア語・ヒンディー語・ウルドゥー語/日本語字幕付き

日時:令和3年8月20日(金)18:00〜20:00

会場:オンライン (Zoom、ULIZA)

17:45 Zoom開場 ※お早めにお入りください
18:00 作品解説 「映画で見るアフガニスタンの社会と言語─ソ連・中央アジアとの関係を通して─」(筑波大学UIA梶山祐治)
18:25 上映会場開場
18:30 映画『カブールの孤児院』(90分)上映(~20:00)

<申込フォーム>(定員500名)
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_G-GNdj7kS4Whu1BoEswWHg

ご登録後、入室のための URL をお送りいたします。

主催:筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」
協力:日本・中央アジア友好協会(JACAFA),筑波大学 国際局,学生部, グローバルコミュニケーション教育センター社会貢献委員会, スーパーグローバル大学事業推進室, 地域研究イノベーション学位プログラム,人文・文化学群,社会・国際学群

(案内文より)
第2回目となる今回は、アフガニスタンの首都カブールの孤児院を舞台とした、シャフルバヌ・サダト監督の映画『カブールの孤児院』を日本初上映いたします。
冷戦期、地政学上の観点から東西両陣営に重要視されたアフガニスタンは、常に他国の干渉にさらされてきました。10年にわたる軍事介入からソ連軍が撤退を決めた1989年、国内に多く残された孤児たちの姿を通して、現代アフガニスタンの諸問題を深く考えさせる作品です。



posted by sakiko at 11:58Comment(0)上映会

EUフィルムデーズ2020 オンライン

eu2020.jpg

18回目の開催予定だった今年、新型コロナウィルスの感染拡大のため、東京、京都、広島での開催は中止となり、代わって「EUフィルムデーズ2020オンライン」と題したオンライン映画祭を青山シアターにて特別開催することになりました。
日本未公開作品(7作品)や過去のEUフィルムデーズでご好評いただいた選りすぐりの作品を含む、20カ国21作品をお届けします。

★会期:2020年6月12日(金)~25日(木)
 https://eufilmdays.jp/
 
★配信:青山シアター https://aoyama-theater.jp
 ご視聴には会員登録(無料)が必要です。
 視聴方法および購入・視聴可能期間など詳細は青山シアターのウェブサイトをご覧ください。*「青山シアター」とは映画配給会社ギャガが運営する動画ポータルサイトです。

★会期・料金・プログラム 
 https://eufilmdays.jp/lineup/
 
 ①1作品:300円(税込) 
 ■購入可能期間:6/12日~25日 
 ■視聴可能期間:購入後72時間
  ※「バルバラ セーヌの黒いバラ」「メモリーズ・オブ・サマー」は、6/12日~18日、「ブレンダンとケルズの冒険」 は 6/12日~16日の期間限定販売。
 
  ②プログラムパックA~F:各500円(税込)
 ■購入可能期間:6/12日~23日 ■視聴可能期間:購入後120時間
 ※ Fプログラムのみ、6/12日~18日の期間限定販売。
 
 ③「ファイナル・カット」無料配信  
 ■提供期間:6/12日~25日 
 ■視聴可能期間:購入手続き(0円)後72時間 

★チラシダウンロードはこちら
posted by shiraishi at 14:35Comment(0)上映会

イラン人監督がパレスチナを描いた『生存者』上映会@東大(3/3) 

イラン人監督制作の映画『生存者』の上映会の案内を主宰の「イラン親善大使グループ」様よりいただきました。

******

イラン映画上映会(ホームシアター形式) 
seizonsya.jpg

イラン人監督制作、パレスチナ問題をテーマにした映画『生存者』(バーズムンデ)を日本語字幕で放映致します。

日時:3月3日(火)18:30~21:00
場所:東京大学構内書店 建物3階(消費生活協同組合の部屋)
会費:500円(イラン紅茶お菓子資料代)

参加資格は特にありません。
要予約ではありませんが、ご連絡頂けますと助かります。

申込/問い合わせ 090-5393-4158(山本)
着信頂ければ、折り返しお電話致します。
posted by sakiko at 10:16Comment(0)上映会

中国・香港映画『桃さんのしあわせ』上映会(3/13)@東京外国語大学

TUFS taosan.jpg


日時  2020年3月13日(金)18:00開映(17:30開場)

会場  東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール

プログラム
◆映画『桃さんのしあわせ』本編上映
  監督・製作:アン・ホイ
  出演:ディニー・イップ、アンディ・ラウ、チン・ハイルー、アンソニー・ウォン他
  シネジャ作品紹介

◆トーク解説:
1. 「高齢者の在宅ケアと中国文化」澤田ゆかり(東京外国語大学教授)
2. 「『妹仔』から『外傭』まで:『 桃さんのしあわせ』に見る香港の家事労働者イメージ」小栗宏太(東京外国語大学博士後期課程)

★入場無料、申込み不要(先着501名)、一般公開

主催:東京外国語大学 TUFS Cinema
協 力:東京外国語大学多言語多文化共生センター

作品内容、登壇者経歴、会場アクセスなど詳細はこちらで!


posted by sakiko at 22:07Comment(0)上映会