横浜キネマ倶楽部 第70回上映会『裸の島』のお知らせ(9/17)

yokohama cine 70.jpg

横浜キネマ倶楽部より、第70回上映会のお知らせをいただきました。
新藤兼人 生誕110年・没後10年記念上映会です。

日時:2022年9月17日(土)
上映:14時00分~15時35分(13時30分 開場)
★交流会:15時35分~16時05分

場所:横浜市南公会堂(南区総合庁舎内3階)→ http://www.minami-kokaido.jp/
   電話:045-341-1261
   〒232-0024 横浜市南区浦舟町2-33 南区総合庁舎内3階

上映作品タイトル 『裸の島』
【出演】乙羽信子、殿山泰司、田中伸二、堀本正紀
【スタッフ】製作・監督・脚本・美術:新藤兼人、撮影:黒田清巳、音楽:林光、照明:永井俊一、編集:榎寿雄
1960年/日本映画/モノクロ/95分/DVD上映

瀬戸内海の孤島に生きる夫婦のよろこびと、かなしみ…これはあなたの生活の映画詩
モスクワ国際映画祭グランプリ受賞、メルボルン国際映画祭グランプリ受賞、マンハイム映画祭グランプリ受賞、リスボン映画祭銀賞受賞

【解説】小さな島の荒れ地を耕して作物を育てる夫婦。島には水が出ず、夫婦は近くの島から毎日何回も桶に水を汲んで来なければならない。
近代映画協会が解散を覚悟して念願の企画として実現させた『裸の島』は、モスクワ国際映画祭に出品され最高位のグランプリを受賞。
一躍世界的な注目を集めるようになり、近代映画協会の経営が立ち直ったというエピソードは今でも伝説として語られている。

入場料:一般:1,300円(前売 1,000円)、障がい者:1,000円(介助者1名無料)

入場券・チケット販売方法
(1)入場券販売場所
   有隣堂伊勢佐木町本店、高橋書店(元町)、いづみ書房、
   シネマ・ジャック&ベティ(黄金町)、横浜シネマリン(長者町)、岩間市民プラザ(天王町)
(2)チケットぴあ Pコード:552-322(購入は9月16日まで可能)

問い合わせ:080-2554-8023(10~18時)おかだ

主催:横浜キネマ倶楽部 → https://ykc.jimdofree.com/
後援:横浜市教育委員会
担当:横浜キネマ倶楽部 岡田明紀(090-9373-7559 / akino@yk.rim.or.jp)


posted by sakiko at 16:58Comment(0)上映会

Mシネマ第 25 弾 広島 特集上映

広島に原爆が投下された8月6日がまた巡ってきます。
映画配給のミカタ・エンタテインメントが贈る広島特集上映です。


期日:8/20(土)~ 26(金)
会場:シネマハウス大塚
   〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-7-4-101
  (折戸通り 都立文京高校正門前)
   https://cinemahouseotsuka.com/
入場料:1500 円
*シニア、学生、障がい者は 1100 円
*リピーター料金:1000 円 (同企画上映を 2 作品以上見た場合)
主催:ミカタ・エンタテインメント
   https://mikata-ent.com/
上映作品: 4 作品
上映時間など詳細はこちら
『ひろしま』(1953/日本/109 分)
監督:関川秀雄 出演:岡田英二、月丘夢路

『8 時 15 分 ヒロシマ 父から娘へ』(2020/アメリカ/51 分)
監督:J・R・ヘッフェルフィンガー
https://815hiroshima-movie.com/

『いしぶみ』 (2016/日本/85 分)
監督:是枝裕和
出演:綾瀬はるか
シネマジャーナル作品紹介はこちら

『妻の貌』 (2008/日本/114分)
監督:川本昭人
シネマジャーナルでの川本監督インタビュー記事はこちら(2009/7)
posted by shiraishi at 19:02Comment(0)上映会

TUFS cinema マレーシアドキュメンタリー映画上映会『斧は忘れても、 木は覚えている』(7/9)

tufscinema220709_Malaysia-250x350.jpg

日時:2022年7月9日(土)14:00開映(13:40開場、17:00終了予定)

会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
   アクセス(東京都府中市)

プログラム
『斧は忘れても、 木は覚えている』本編上映
トーク:盛田 茂 氏(立教大学アジア地域研究所特任研究員)
– 司会:左右田 直規(東京外国語大学 大学院総合国際学研究院 教授)
その他  入場無料、事前登録制(先着250名)、一般公開

事前登録フォームはじめ詳細はこちらで!
登録は、満席でなければ、当日会場でも可能です。
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/2022/06/23/220709_1/

主催:東京外国語大学TUFS Cinema
協力:東京外国語大学多言語多文化共生センター


『斧は忘れても、 木は覚えている』
監督:ラウ・ケクフアット(Lau Kek Huat/廖克発)
019年/台湾制作(撮影地:マレーシア)/華語、英語、マレー語、オラン・アスリ諸語/89分/日本語字幕付き

【作品について】
台湾在住のマレーシア華人、ラウ・ケクフアット監督は「ドキュメンタリー映画監督の仕事は、当事者でなければ決して感じる事のできない個人・家族の実体験を基に歴史を再評価する事だ」と述べている。
本作は、アーカイブに保存された写真、映像資料を横糸にし、公式発表で死者196名、負傷者439名が犠牲になったマレー人・華人間の民族暴動「513事件」と、マレーシア半島部に居住する少数先住民族オラン・アスリの苦渋に満ちた歴史を辿りながら、彼らが直面する慣習的土地利用を犯す森林伐採とイスラーム化(同化)政策の状況を縦糸にして紡ぎあげられた作品である。
証言を基に、心の奥に深く封印された個人の記憶を理性的・客観的な筆致で掘り起こした監督の制作意図は「加害者は忘れても、被害者は苦しみの歴史として記憶する」を意味するアフリカの諺「What the axe forgets, the tree remembers」から採られたタイトルに示されている。
しかし残念ながら、513事件は「敏感な問題」として50年を経た今でもタブー視されており、本作のマレーシアにおける劇場公開の目途はたっていない。
台北金馬映画祭(2019)金馬奨ドキュメンタリー賞ノミネート、台北映画祭(2019)ドキュメンタリー賞・音楽賞・音響デザイン賞ノミネート、DMZ国際ドキュメンタリー映画祭(2019)アジアン・パースペクティブ賞ノミネート。
posted by sakiko at 15:30Comment(0)上映会

TUFS cinema ヨルダン映画『ディーブ THEEB』上映会 (7/4)

tufscinema220704THEEB.jpg

東京外国語大学で開催されてきましたTUFS Cinemaは、コロナ禍で、2020年3月から実施が休止されていましたが、2022年7月より再開されます。

日時:2022年7月4日(月)16:30開映(16:15開場)

会場:東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウス・ホール
   アクセス(東京都府中市)

プログラム
『ディーブ THEEB』本編上映
トーク:駐日ヨルダン大使館 タラール マサルワ(Talal Masarweh)領事
– 司会:齋藤公佑 (東京外国語大学 国際社会学部2年)
    大森耀太(東京外国語大学 国際社会学部1年)
その他  入場無料、事前登録制(先着250名)、一般公開

事前登録フォームはじめ詳細はこちらで!
登録は、満席でなければ、当日会場でも可能です。
https://wp.tufs.ac.jp/tufscinema/

共催:駐日ヨルダン大使館、東京外国語大学TUFS Cinema
協力:東京外国語大学多言語多文化共生センター


『ディーブ THEEB』
監督:ナジ・アブヌワール(Naji Abu Nowar)
2014 / ヨルダン・U.A.E.・カタール・UK / アラビア語/ カラー/ 97分
【あらすじ】
第1次大戦中、オスマン帝国支配下のアラビア半島西部ヒジャーズ地方。砂漠に暮らす遊牧民ベドウィンの少年ディーブの物語。極秘任務を背負ったイギリス人将校に道案内を頼まれた兄とともに旅に出て、成長していく物語。ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門で上映され、監督賞を受賞。2016年、第88回アカデミー賞にノミネート、第69回英国アカデミー賞で新人賞を受賞した。日本では2014年の第15回東京フィルメックス・コンペティションで上映された。日本語字幕付きは、今回が初公開。


東京フィルメックス 『ディーブ』で、アラブから見た「アラビアのロレンス」を実感 (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/409764818.html
theeb jordan.jpg
プロデューサー ナセル・カラジさん(左)とナジ・アブヌワール監督
posted by sakiko at 15:27Comment(0)上映会

横浜キネマ倶楽部 石原裕次郎 没後35年上映会『赤いハンカチ』(7月23日)

横浜キネマ倶楽部 運営委員 岡田明紀様より、石原裕次郎 没後35年上映会のご案内いただきました。

<<< 第69回上映会のお知らせ >>>
石原裕次郎 没後35年上映会

akai hankachi.jpg
上映作品 『赤いハンカチ』
(1963年/日本/カラー/98分/ブルーレイ上映)

1987年7月17日に他界した石原裕次郎さんを偲んで、映画が撮影された神奈川県立図書館に隣接する神奈川県立音楽堂で上映会開催
上映後に娯楽映画研究家・佐藤利明さんの講演も開催

◆日時:2022年7月23日(土)
映画『赤いハンカチ』上映:13時50分(13時30分 開場)
講演:15時30分~16時00分
   講師:佐藤利明さん(娯楽映画研究家)

◆場所:神奈川県立音楽堂https://www.kanagawa-ongakudo.com/
〒220-0044 横浜市西区紅葉ケ丘9-2 (電話)045-263-2567    
JR「桜木町」駅(南改札西口・北改札西口)から徒歩10分
市営地下鉄「桜木町」駅(南1番出口)から徒歩10分

◆入場料:一般:1,300円(前売 1,000円)、障がい者:1,000円(介助者1名無料)

◆入場券・チケット販売方法
(1)入場券販売場所
有隣堂伊勢佐木町本店、高橋書店(元町)、いづみ書房、
シネマ・ジャック&ベティ(黄金町)、横浜シネマリン(長者町)
岩間市民プラザ(天王町)
(2)チケットぴあ Pコード:552-061(購入は7月22日まで可能)

◆『赤いハンカチ』
監督:舛田利雄、
脚本:小川英・山崎巌・舛田利雄、
音楽:伊部晴美
出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、二谷英明、川地民夫、笹森礼子、金子信雄、森川信、芦田伸介、桂小金治、深江章喜、南寿美子
1963年/日本/カラー/98分/ブルーレイ上映

akai pic01.jpg
(c)日活

【解説】
石原裕次郎の同名ヒット曲を映画化した日活ムードアクションの傑作。
同僚を守るため容疑者を射殺した刑事(石原裕次郎)は警察を辞職し肉体労働者となる。
その4年後、彼は射殺事件の裏に隠された陰謀に気づき、事件の真相を解くべく行動を開始するのだが…。

◆問い合わせ:080-2554-8023(10~18時)おかだ

主催:横浜キネマ倶楽部 → https://ykc.jimdofree.com/
後援:横浜市教育委員会
担当:横浜キネマ倶楽部 岡田明紀(090-9373-7559 / akino@yk.rim.or.jp)


☆特別企画 石原裕次郎さんのお墓参り(鶴見)
2022年7月17日(日)  無料
詳細は、横浜キネマ倶楽部のサイトをご覧ください。
https://ykc.jimdofree.com


posted by sakiko at 22:43Comment(0)上映会