よこはま若葉町多文化映画祭2018

今年も開催されます。ヨコハマ観光ついでにオススメです☆

2018多文化映画祭1.jpg


・会期 2018年8月25日(土)~9月02日(日)
    
・会場 シネマ・ジャック&ベティ+横浜パラダイス会館
     〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3

・交通 京浜急行「黄金町」駅より徒歩5分
     市営地下鉄「阪東橋」駅より徒歩5分
     JR「関内」駅より徒歩15分

【映画祭チケットプレゼント】
外国籍・外国出身の方、毎日3名様にチケットプレゼント!予約制!
1)希望映画と上映日時
2)お客様のゆかりの国を明記して以下にメールください。
yokohamawakaba@gmail.com
*各回上映後に開催する交流会にご参加ください。
*おひとり1回かぎり。予約先着順です。

【映画料金表】

・「僕の帰る場所」
・「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」
・「彼の見つめる先に」
A:一般1800円/大専1500円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円

・「タクシー運転手 約束は海を越えて」
・「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」
・「花を売る乙女」
・「続きゆく旅」
B:一般1500円/大専1200円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円

・「祝福 オラとニコデムの家」
C:一般1600円/大専1400円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円

・「立ち去った女」
D:一般2000円/学生・シニア・外国出身者・障がい者1500円

・「落語」
E:一律1800円

※先売券:鑑賞日の1週間前より、劇場窓口にて各上映回のチケット(入場整理番号付/全席自由席)を発売します。
※複数鑑賞割引:上記ABCチケットの半券提示で、2本目以降の鑑賞料金がABは一般のみ300円引き、Cは一般のみ200円引き。(8/25~9/02期間限定/ABCチケットのみ適用)       

▼J&B会員+ART LAB OVA会員割引あり。(落語以外)
▼そのほかの割引【いつでもどの映画でも割引が適用されます(D+E以外)】
 ・夫婦50割引:どちらかお一人でも50歳以上のご夫婦は2人で2,200円
・レディースデイ:毎週水曜日女性1,100円
・メンズデイ:毎週木曜日男性1,100円


公式blog http://downtownart.hama1.jp/


愛知県近隣の皆様へ 「ええじゃないかとよはし映画祭2018」のお知らせ

愛知県豊橋市で開催される映画祭をご紹介したい。愛知県出身や関連の深い映画監督、俳優さんの作品を集めた3日間の映画祭。ゲストが豪華 ❗️あいち国際女性映画祭より規模は小さいがゲストに関しては負けていない。詳しくは http://etff.jp で検索。
上映作品の一部をご覧いただきたい。

🎬『アンチポルノ』園子温監督・脚本/78分

小説家でアーティストとしても有名になった若い京子(冨手麻妙)は、極彩色の広い部屋に住んでいて、マネージャーの典子(筒井真理子)が分刻みのスケジュール管理をしている。その関係は時によって変わり、虚構と現実の間で京子の過去の秘密が暴かれていく。

ガラリと変わる京子の立場、極彩色の広いスペースの一部屋だがトイレの仕切りもない。排泄物はゲロだけ。その密室で繰り広げられる悪夢のような展開は、説明は無用 ! 是非、この部屋に取り込まれてほしい。

園子温監督の実力がこの作品に於いても観ることが出来た。主演女優の富手麻妙さんのセーラー服姿がエロチック、それと大声で囁く声も魅力的だった。

🎬『映画 山田孝之3D』山下敦弘、松江哲明監督/77分

山田孝之ファンには見逃せないちょっと変わったドキュメンタリー。最初に芦田愛菜さんの挨拶がある(野太い嫌な声だった)。中央に椅子が置かれ主人公の山田孝之さんが座り心地悪そうに、今からどう始まるのかと不安気な様子。監督さんが質問して彼が言葉を選びながらとつとつと話始める。 いつもと雰囲気が違う。「生」山田孝之だ。これを3Dにしてどうなの?と思った。


彼の33歳までの中で一番幸せと思ったことは?という質問に、
自分が小学生の時に、あまりうちにいなかった父親がレコードを聴いていて、母親が洗濯ものをたたんでいて、姉二人はどこか行ってていなくて、ぼくと三人が部屋にいる何でもないひとときのことをよく覚えていて、その時の一瞬を幸せと思った。

と、語っていた。他にもいろいろ家庭の事情をポロポロと話していたが、この時ミッキーは涙がこぼれた。

山田は生家のあった鹿児島県にも赴くが更地になっていた。彼は土の中からタイルを見つけて、うちの玄関のタイルだと泣いていたシーンが一番印象的だった。演技者として興味深い山田孝之さんが「人間・山田孝之」になった一瞬でもあった。