シネマハウス大塚設立3周年特選企画『傍観者あるいは偶然のテロリスト』トーク付連続上映

2018年に大塚にできた小さな映画館「シネマハウス大塚」。
設立3周年特選企画として、設立メンバーで館長を務める後藤和夫氏が自身の経験を元に作り上げた映画『傍観者あるいは偶然のテロリスト』のトーク付連続上映のお知らせをいただきました。

guuzen.jpg

『傍観者あるいは偶然のテロリスト』作品上映
12:00 14:30 17:55の3回。
16:45からゲストトークタイムです。


[トークゲスト]
4月17日(土)井上淳一(脚本家・映画監督)
4月18日(日)ダニーネフセタイ(木工職人・平和活動家)
4月19日(月)NGO・JVCスタッフ(パレスチナ担当)
4月20日(火)佐野亨(ライター・編集者)
4月21日(水)高橋真樹(ノンフィクションライター)
4月22日(木)四方田犬彦(映画誌・比較文学研究家)
4月23日(金)森達也(作家・映画監督)
4月24日(土)高橋和夫(国際政治学者)
4月25日(日)足立正生(映画監督)

[入場料金](当日券のみ。前売りなし
映画観賞券1300円均一(税込) トーク参加券500円(税込)
整理番号順・各回入替・定員制。座席数に限りがございます。
予約・問い合わせ info@cinemahouseotsuka.com
公式HPからもできます。
https://nipponpopkyo.wixsite.com/palestine

上映スケジュール
https://nipponpopkyo.wixsite.com/palestine

『傍観者あるいは偶然のテロリスト』
監督, 脚本, 主演 : 後藤和夫

68歳の映像作家でありジャーナリストである後藤和夫。
映画館を作ったから映画も作りたいとシナリオを書いた。
『偶然のテロリスト』。
よく知る日本人ジャーナリストがイスラエルで自爆テロ。
あの青年がそんなことをするはずはない。彼の足跡をたどる旅に出る・・・

シナリオにリアリティはあるのか? 
2020年春、後藤は、かつて取材で訪れたパレスチナにロケハンを兼ねて赴く。
初めて訪れたのは、2000年11月。9月に右派リクードのシャロンがパレスチナの聖地を強行訪問。進んでいた和平合意が崩れ去り、パレスチナ人が一斉蜂起した第二次インティファーダの真っただ中だった。
あれから20年。パレスチナはどう変わったのか?
かつて会った若者たちは、今、何を語るのか?
ベツレヘム、エルサレム、ヨルダン川西岸、ガザ・・・
2000年代初頭の数年に訪れた各地での取材映像と、2020年再訪時の映像が交錯する・・・
☆予告編 https://youtu.be/jyaFl2qAoWs

シネジャ作品紹介 

仮設の映画館

新作『精神0』の公開を控えた想田和弘監督と配給会社東風のスタッフが、インターネット上の「仮設の映画館」での上映を考えました。
全国一斉、5/2[土]から5/22[金]の3週間、想田和弘監督『精神0』をネットの劇場で観ることができます。
お客さまは好きな劇場を選べます。鑑賞料金1800円は普段の映画興行と同じく、それぞれの劇場と配給会社、製作者に分配される仕組みです。
仮設の映画館HP http://www.temporary-cinema.jp/
『精神0』HP https://www.seishin0.com/

外出自粛中でも家にいて、「想田監督の新作」が「劇場を選んで」観られます。こうして劇場にもチケット代金を払うことができるのは、双方にいいことですね。(白)

「見逃した映画特集2019」 アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺にて開催(白)

uplink.jpg

年末年始の恒例企画!
今年の話題作90作品をまとめて上映!


今年も残り少なくなりました。ベストテンに悩んでいるところですが、みなさまは見逃した作品ありませんか?
話題になった映画、もう一度スクリーンで観たい映画がこの中にあったらラッキー!

期日:2019年12月27日(金)~2020年1月23日(木)
※1月1日(火・祝)は休館日
会場:アップリンク渋谷
  (東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F/2F)
   https://shibuya.uplink.co.jp/schedule

   アップリンク吉祥寺
  (東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコ地下2階)
   https://joji.uplink.co.jp/schedule

料金:一般¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000/UPLINKユース会員(22歳以下)いつでも¥1,000
※サービスデー適応外
※特別料金を除く

★1月2日には新春福袋も初売り。アップリンク渋谷30個、アップリンク吉祥寺40個の限定発売です。
アップリンク発売のDVDが必ず3枚+Tシャツ1枚が入っている豪華特別福袋。
その他、パンフレットや映画お宝グッズなど入って3,000円(税抜き)!!

東京ドキュメンタリー映画祭

01.jpg

日程: 2019年11月30日(土)~12月6日(金)
場所: 新宿 K’s Cinema
主催:neoneo編集室・東京ドキュメンタリ—映画祭実行委員会
http://tdff-neoneo.com/
チケット:
【前売】1回券=1,300円
    3回券=3,300円(複数人使用可・期間中も販売)
    前売り券は、新宿ケイズシネマにて発売中。

【当日】 一般=1,500円均一
    シニア=1,000円

PDFダウンロードはこちら
上映作品:1日4回上映、計27プログラム


長編コンペティション部門 10プログラム
『アイたちの学校』  監督:高賛侑(コウ・チャニュウ)/99分
『空と、木の実と。』 監督:常井美幸/84分
『とりもどす―囚われのアイヌ遺骨―』 監督:藤野知明/100分
『つれ潮 』監督:山内光枝/83分
『発酵する民』監督:平野隆章/97分
『戦後中国残留婦人考 問縁・愛縁』監督:王乃真/135分
『ニッポン●解散 第1部 杉並の乱』監督:葛西峰雄/214分
『調査屋マオさんの恋文』監督:今井いおり/84分
『テスティモニー 証言』監督:上方啓文/88分
『ライジング・フロム・ツナミ』監督:エレーヌ・ロベール、ジェレミー・ペラン/68分

短篇コンペンティション部門 9プログラム
沖縄と基地問題
『Reunite with My Past Self in Okinawa 〜沖縄で過去の自分と出会って〜』監督:比嘉賢多/18分
『沖縄から叫ぶ 戦争の時代 』監督:湯本雅典/61分
記録映像によるアート
『美しくあいまいな日本の私たち』監督:トモトシ/11分
『THE NEVERENDING CEREMONY』監督:トモトシ/18分
『ユメみばなにうつつ』監督:増田優太/10分
『旅のあとの記録』監督:波田野州平/16分
『ANIMA』監督:宮崎渉大/25分
『イデア』監督:村岡由梨/17分
森と農のある暮らし
『ユートピア』監督:梁貴恵/27分
『ビューティフル・ビーキーパー きれいな蜂飼い』監督:きたむらゆうじ/25分
『森の守り人 ~ イサムの場合 ~』監督:中井信介/53分
21世紀の難民たち
『かぞくの証明』監督:岩崎祐/34分
『ビニールハウスは家じゃない(This is not a house)』監督:セ・アル・マムン、ジョン・ソヒ/53分
アジアと戦争
『拓魂―ある満蒙開拓団員の証言』監督:久保寺隼/19分
『「私は何者であるのか…」-ある台湾人学徒の証言』監督:松本弥彩暉/19分
『アンセスターズ・メモリーズ』監督:茂野新太、パインサン、カウンゴンティン/48分
親子の離別
『芯言~残された子ども~』監督:劉銘漾(Yang Sea LIu)/34分
『ふたつの故郷を生きる』監督:中川あゆみ/65分
テレビが映す人の“性(さが)”
『出櫃(カミングアウト)~中国・LGBTの叫び~』監督:房満満(ボウ・マンマン)/54分
『大黒座ベイ・ブルース』監督:湊寛/45分
おいかけ女子のシネエッセイ!
『酔いどれ東京ダンスミュージック』監督:長瀬由依/57分
『劇場版三木はるか賞2018』監督:三木はるか/65分
人生という名の哀歌
『家にあるひと』監督:福原悠介/21分
『石山さん』監督:川田淳/42分
『三道嶺ブルース —消えゆく蒸気機関車と生きて』監督:黄威勝(ホアン・ウエイシェン)/33分

特別作品・招待作品プログラム 3プログラム
土本典昭が見たオリンピック直前の東京
 『日本発見 東京都』29分
 『ドキュメント 路上』54分

『福島は語る』監督:土井敏邦/170分
『小さき声のカノン』監督:鎌仲ひとみ/114分

特集 映像人類学の冒険 5プログラム
『アカマタの歌 海南小記序説/西表島・古見』監督:北村皆雄/84分

火と水と祝祭のバリ島 大森康宏特集
 『ジョゲット・ブンブン』14分
 『土と火と水の葬送-バリ島の葬式』114分

エチオピアの芸能・音楽・馮依儀礼 川瀬慈特集
 『ラリベロッチ—終わりなき祝福を生きる—』30分
 『僕らの時代は』43分/『精霊の馬』28分

『Ainu ひと』監督:溝口尚美/81分
『森のムラブリ』監督:金子遊/85分

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019もうスグです‼︎

yidff2019p4.jpg


隔年で開催され今年、第16回目を迎える
山形国際ドキュメンタリー映画祭の開催概要が決定しました!!

◆名称:山形国際ドキュメンタリー映画祭2019
  (山形市制施行130周年記念事業)

◆会期:2019年10月10日[木]-10月17日[木]

◆会場:山形市中央公民館(アズ七日町)、山形市民会館、フォーラム山形、ソラリス、山形美術館、山形まなび館 ほか

日々、情報が更新されていますので、最新情報は公式でチェックしたほうが良さそうです☆ (千)

公式サイト:https://www.yidff.jp/home.html