2018ベストテン 熊谷睦子

bokunokaeru2.jpg
(C)E.x.N K.K.

★僕の帰る場所
今の日本映画界でこんなに誠実な映画づくりをしている作品がどのぐらいあるだろう。
藤元明緒監督、渡邉一孝プロデューサーのこれからにも期待。


★大和(カリフォルニア)
沖縄と基地の問題はすぐ浮かぶけれど、大和市のことは全然知らなかった。宮崎大祐監督が地元への愛憎交え描いた傑作と思う。韓英恵も素晴らしい。

★海を駆ける
ディーン・フジオカの映画と思って見たら、命についてのアジア的な寓話だった。深田晃司監督の実はアナーキーな部分が現れた作品と思う。

★教誨師
死刑囚と牧師の対話だけなのに、映っていないことまでを想像させる。
罪とは?悪人とは?大杉漣さん、もういないなんて信じられない。


★泳ぎ過ぎた夜
北国生まれの私にとって、真っ白な雪の世界はとても映画的。
「僕の帰る場所」もだけど、子供の表情をどうやって撮ってるんだろうと思った。


★パンク侍、斬られて候
石井岳龍監督の「爆裂都市」を高校時代に見たのがきっかけで日本映画を好きになったので、この作品は涙ものでした。

★最初で最後のキス
これも自分の高校時代を見ているようでした。でもラストは衝撃。この作品を個人の方が気に入って配給するために会社を作ったというのも驚きました。

★スリー・ビルボード
映画ももちろんだけど、アカデミー賞の主演女優賞のスピーチ!何度動画で見返したか。
「教誨師」のように人物像が多層になっていて、映画という表現の懐の広さを感じた。


★フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
罪を憎んで人を憎まずという言葉があるけど、生きるために罪を犯す人を、責めることが正しいのだろうか。
この映画も子供の表情が素晴らしい。


★アイ,トーニャ
モデルがいる実話なのだけど、これもまた憎みきれない人物たちばかりで。エンドクレジットの本物の映像がそっくりでビックリ。

豊作でした2018ベストテン 長谷幸子

barrf.jpg

(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

順不同で思い出すまま

☆クレイジー・リッチ!
☆オーシャンズ8
☆ボヘミアン・ラプソディ
☆ミッション:インポッシブル フォールアウト
☆バーフバリ 王の凱旋
↑エンタメとして最高でした。

☆共犯者たち
☆1987、ある闘いの真実
☆タクシー運転手 約束は海を越えて
↑韓国映画界の矜持に敬服
翻って日本はorz
選挙民の心掛けだな、情けない政治の継続は。


☆万引き家族
☆焼肉ドラゴン
☆日日是好日
↑邦画もレベル高いなと。

☆ザ・シークレットマン
☆ペンタゴン・ペーパーズ
↑トランプ選ぶアメリカもなぁと思いますが、この様な事が事実であり、開示する姿勢は尊敬。

☆ワンダー 君は太陽
↑家族で闘い勝ち取るアメリカ凄いなと単純に。

☆29歳問題(香港劇場版)
↑映画版では共感出来なかったが、この作品で大変納得。舞台で見るものなのねと。

☆エリック・クラプトン 12小節の人生
☆私は、マリア・カラス
↑秘蔵映像にビックリ、編集の力を再確認。

2018映画ベスト10

こちらにシネマジャーナル読者の方々と、スタッフの映画ベスト10を順次掲載していきます。
個人別に2018年1月1日~12月31日までに観た中から、10本あるいは5本選んでいただきコメントつきでご紹介いたします。
洋画、邦画、ドキュメンタリーに分けるなど様式はお任せいたします。

このコーナーは「おすすめ映画」と銘打ちながら、あまり活用されていませんでした。
今年は年間ベスト10のほか、これだけは観てほしい偏愛ベスト、
「わくわく」「可愛い」「どっきり」「胸きゅん」「笑える」「泣ける」「背筋が凍る」「バッドエンド」などなど・・・
いろいろなジャンルに分けてのベストも出していったら面白そう。
みなさまどうかよろしく。(白)

★映画を格安で観るなら「国立映画アーカイブ」(旧フィルムセンター:2018年4月1日より改称)がおすすめです。
https://www.nfaj.go.jp/
〒104-0031
東京都中央区京橋 3-7-6
アクセス
お問い合わせ(8時~22時)ハローダイヤル03-5777-8600

◎地下小ホール、2階長瀬記念ホールOZU(310名)、4階図書室、7階展示室

現在の上映:2019.1.8 - 1.27 
   「映画プロデューサー 黒澤満」(pdfはこちら
現在の展示:2018年10月16日(火)-2019年1月27日(日)
   「生誕100年 映画美術監督 木村威夫」(pdfはこちら

◎所蔵作品上映
一般520円/高校・大学生、シニア(65歳以上)310円/小・中学生100円
特別上映は料金が異なります。

◎展示室観覧料
一般250(200)円/大学生130(60)円

ドキュメンタリー・ドリーム・ショー ――山形 in 東京2018

2018年10月6日[土]-26日[金]

[会場]K's cinema(東京都新宿区)
[主催]シネマトリックス
[共催]認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭、K's cimena[助成]芸術文化振興基金
[問い合わせ]phone: 03-5362-0671(シネマトリックス)

一年おきに開催される山形国際ドキュメンタリー映画祭。その翌年に東京で行う恒例のイベント、「ドキュメンタリー・ドリーム・ ショーー山形in東京」が今年も開催されます。山形で上映した作品に独自のプログラムを加え、約70本が上映されます。
インターナショナル・コンペティション、アジア千波万波部門の他、フレディ・M・ムーラー特集など特集上映作品の一部も再び上映。その他独自のプログラムを加え上映されます。

*シネマジャーナルHPのレポートは下記にあります。
山形国際ドキュメンタリー映画祭2017
http://www.cinemajournal.net/special/2017/yamagata/index.html
 
公式HP http://www.cinematrix.jp/dds2018/よりいくつかの作品を紹介します。

インターナショナル・コンペティション

「カーキ色の記憶」 A Memory in Khaki
監督:アルフォーズ・タンジュール
カタール/2016/アラビア語/Blu-ray/108分
YIDFF2017最優秀賞(市民賞)
紛争が続くシリアで体制に抗議したことで、国を去らざるを得なかった人々。登場する4人が抱く故郷への複雑な思いが、カーキ色や赤色などそれぞれを象徴する色に託されて描かれる。
10月06日(土)16:20〜
10月09日(火)12:00〜
10月19日(金)13:30〜

「孤独な存在」 Lone Existence
監督:沙青(シャー・チン)
中国/2016/中国語/Blu-ray/77分
YIDFF2017優秀賞
彼は何年もの間、家から出ることなく、誰とも会話することなく過ごしていた‥。『一緒の時』の沙青監督が自らの体験を通じ、他者や自己を見つめることの根源を問う。
10月07日(日)16:30〜
10月15日(月)16:00〜
10月24日(水)12:30〜

「激情の時」 In the Intense Now
監督:ジョアン・モレイラ・サレス
ブラジル/2017/ポルトガル語/Blu-ray/127分
YIDFF2017特別賞
文化大革命初期の中国、五月革命時のパリ、ソ連侵攻時のプラハ─。様々なアーカイヴ映像から当時を生きた人々の情熱を読み解き、政治・歴史的スペクタクルと個人の生との関係、その記録の意味を問いかける。
10月06日(土)12:00〜
10月15日(月)13:30〜

「カラブリア」 Calabria
監督:ピエール=フランソワ・ソーテ
スイス/2016/フランス語、セルボ・クロアチア語、 ポルトガル語、イタリア語、ロマ語/Blu-ray/117分
スイスの葬儀会社で働くジプシーと、ポルトガル出身のふたりの男が、ある遺体をイタリア・カラブリア州へと移送する。その道行きをジプシー音楽とともに洗練された映像で描く人生讃歌。
10月16日(火)13:30〜
10月20日(土)12:30〜

「ドンキー・ホーテ」 Donkeyote
監督:チコ・ペレイラ
スペイン、ドイツ、イギリス/2017/ スペイン語/Blu-ray/86分
南スペインで生活していたマヌエルは、73歳にして壮大な旅への出立を決意する。愛するロバと犬を相棒に、アメリカへ。老いてなお自由に、「ありのまま」を生きる姿を讃えるロードムービー。
10月06日(土)14:30〜
10月12日(金)12:00〜

「ニンホアの家」 A House in Ninh Hoa
監督:フィリップ・ヴィトマン
ドイツ/2016/ヴェトナム語/Blu-ray/108分
ヴェトナム南部ニンホアにある家は、ヴェトナム戦争で離散した家族の記憶を抱く。ドイツとヴェトナムに離れていた一家は、長い時を経て再会する。3世代にわたる「家の記憶」が紡ぎ出す物語。
10月16日(火)15:45〜
10月21日(日)16:30〜

「航跡(スービック海軍基地)」 Wake (Subic)
監督:ジョン・ジャンヴィト
アメリカ、フィリピン/2015/英語、タガログ語/Blu-ray/277分
ルソン島スービック湾にあった米海軍基地は、フィリピンに返還された。しかし湾周辺に環境汚染被害をもたらし続けている。スペイン、アメリカによる植民地支配の下にあった人々の声に耳を傾ける稀有な映像体験。
10月11日(木)12:00〜
10月18日(木)18:30〜

「自我との奇妙な恋」 A Strange Love Affair with Ego
監督:エスター・グールド
オランダ/2015/英語、オランダ語/Blu-ray/91分
自分に確固たる自信を持つ姉は、妹にとって眩しく憧れの存在だった。だがその自信に溢れた姉の人生が狂っていく。妹である監督は、彼女と交わした言葉をたどり現代人の生きづらさを描き出す。
10月11日(木)18:45〜
10月21日(日)12:30〜

「飛行機雲(クラーク空軍基地)」 
Vapor Trail (Clark)
監督:ジョン・ジャンヴィト
アメリカ、フィリピン/2010/英語、タガログ語/Blu-ray/264分
『航跡(スービック海軍基地)』の前作。朝鮮、ヴェトナム、湾岸戦争を通して米軍の重要拠点だったフィリピンの基地跡地での健康被害を通して、フィリピン現代史で繰り返される社会的不公正の構図と虐げられてきた者の尊厳に光をあてる。
10月18日(木)13:30〜

アジア千波万波
ヤマガタの重要なプログラムとして毎回、長蛇の列の観客を集める“アジア千波万波。
アピチャッポン・ウィーラセタクン、河瀬直美など多くの映画作家を輩出してきた。ドキュメンタリー映画作家、小川紳介の志を継ぐ、アジアの若い作家たちを発掘、応援するプログラム。

「三人の女性の自画像」 
Self-Portrait with Three Women
監督:章梦奇(ジャン・モンチー)
中国/2010/中国語/Blu-ray/75分
大学を卒業したばかりの監督は、母と祖母に反発しながら、女であることの愛と憎しみを表現。自身の肉体に母の映像を投影し、思い切りシャウトする。
10月10日(水)12:00〜


「自画像:47KMに生まれて」Self Portrait: Birth in 47 KM
監督:章梦奇(ジャン・モンチー)
中国/2016/中国語/Blu-ray/102分
中国の山村、厳しい人生を送ってきた老女と若い女性。パフォーマンス・シーンもあり、監督の視線と実験精神が快い。『三人の女性の自画像』の監督最新作。
10月10日(水)14:00〜
10月17日(水)17:30〜

「パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ」Bamseom Pirates, Seoul Inferno
監督:チョン・ユンソク
韓国/2017/韓国語/Blu-ray/119分
YIDFF2017アジア千波万波特別賞
韓国社会、若者の閉塞感をシャウトするバンド、パムソム海賊団。曲と一体化しながら映画は突き進むが、プロデューサーが国家保安法で逮捕され……。
10月08日(月・祝)13:30〜
10月23日(火)18:15〜

「翡翠之城」 City of Jade
監督:趙德胤(チャオ・ダーイン/ミディ・ジー)
台湾、ミャンマー/2016/ビルマ語、中国語/Blu-ray/99分
YIDFF2017アジア千波万波特別賞
ミャンマー北部、政府軍とカチン独立軍との断続する戦争のただ中で翡翠を採掘する兄たち。家族のことを語りながらカメラを向ける注目のミディ・ジー作品。
10月09日(火)18:30〜
10月21日(日)14:30〜

「人として暮らす」 The Slice Room
監督:ソン・ユニョク
韓国/2016/韓国語/Blu-ray/69分
YIDFF2017アジア千波万波奨励賞
生活困窮者が身を寄せ合って暮らすチョッパンが再開発で消えようとしている。監督はそこで生活しながら、生活保護制度のひずみも浮かび上がらせる。
10月08日(月・祝)12:00〜
10月11日(木)17:15〜
10月23日(火)16:45〜

「空を飛びたい盲目のブタ」 
Blind Pig Who Wants to Fly
監督:エドウィン
2008年/インドネシア/インドネシア語/Blu-ray/77分
インドネシアで歴史的に抑圧されてきた華人アイデンティティを軸に、年齢も背景も違う個性的な登場人物の心の揺らぎをユーモアと歌で紡ぐ現代群像劇。
10月24日(水)14:15〜

「カット」 Cuts
監督:ハイルン・ニッサ
インドネシア/2016/インドネシア語/Blu-ray/64分
『空を飛びたい盲目のブタ』の監督とプロデューサーが、インドネシアの法律で義務づけられている検閲申請を行い、ベールに包まれた過程を記録する。
10月12日(金)19:00〜
10月24日(水)16:00〜 + トーク

;">「映画のない映画祭」  A Filmless Festival
監督:王我(ワン・ウォ)
中国/2015/中国語/Blu-ray/80分
2014年8月、宋荘の北京インディペンデント映画祭が開催前日、当局によって閉鎖された。集まった監督や観客が撮影した映像を集め、事の顛末を記録した。
10月12日(金)17:00〜
10月24日(水)18:30〜 + トーク

「ウラーッ!」 (Hurrahh!)
監督:チョン・ジェフン
韓国/2011/韓国語/Blu-ray/75分
黙々と働く男の日常生活、「話す」機械音が生活のリズムを脳内に刻む。不穏な空気とともに、どこからともなく叫びがこだまする、SFドキュメンタリー。
10月08日(月・祝)16:00〜
10月21日(日)19:00〜

「猫、犬、動物、そしてサシミのこと」 
Of Cats, Dogs, Farm Animals and Sashimi
監督:ペリー・ディゾン
フィリピン/2015/ビサヤ語、スバノン語/Blu-ray/78分
ミンダナオ島・ザンボアンガの漁村に暮らすドンドン。厳しい生活の中で、少年から大人に変わりゆく、つかの間の時を海と太陽の狭間に捉えたシンプルな物語。
10月09日(火)16:30〜
10月20日(土)14:45〜

「そこにとどまる人々」 Those Who Remain
監督:エリアーン・ラヘブ
レバノン、アラブ首長国連邦/2016/アラビア語/Blu-ray/95分
シリアとの国境に近いレバノン北部。かつては異教徒が隣り合って暮らしていた自分たちの土地に、別れた妻子を待ちながらとどまり続ける男の日々を描く。
10月10日(水)18:30〜
10月22日(月)15:00〜

「風のたより」 On to the Next Step: Lives After 3.11
監督:田代陽子
日本/2015/日本語/Blu-ray/180分
2011年の震災後の2年間。北海道・大沼の山田農場、洞爺湖畔のパン屋、大沼対岸の青森・大間の漁師。原発への不安を抱きながらの生活を丹念に追う。
10月17日(水)19:30〜 + 監督トーク
10月20日(土)16:30〜 + 監督トーク

「長江の眺め」 A Yangtze Landscape
監督:徐辛(シュー・シン)
中国/2017/中国語/Blu-ray/156分
揚子江を上海から源流まで遡っていく。それぞれの地での事件を字幕で表わし、ゆったりとした時間、移り変わる風景のなか、沿岸で生活する人々が描かれる。
10月12日(金)14:00〜
10月16日(火)20:15〜

「中国街の思い出」 In Memory of the Chinatown
監督:陳君典(チェン・ジュンディェン)
台湾/2016/中国語/Blu-ray/30分

「一緒の時」 Wellspring
監督:沙青(シャー・チン)
中国/2002/中国語/DVCAM/49分
YIDFF2003アジア千波万波小川紳介賞
再開発で取り壊される台南市の「中国城」。廃墟の建物と住人の記憶が呼応する。脳性麻痺の少年と見守る家族を描いた『孤独な存在』の監督の佳品と併映。
10月07日(日)14:30〜
10月17日(水)13:30〜

「くるまれた鋼」 Rubber Coated Steel
監督:ロレンス・アブ・ハムダン
レバノン、ドイツ/2017/英語/ Blu-ray/22分

「されど、レバノン」  This is Lebanon
監督:エリアーン・ラヘブ
レバノン/2008/アラビア語、フランス語/DVCAM/58分
YIDFF2009アジア千波万波奨励賞
イスラエル兵がパレスティナ人の若者を殺害した事件で使用された弾丸とは?『そこにとどまる人々』、『このささいな父の存在』各監督の過去作も上映。
10月10日(水)16:30〜
10月22日(月)17:00〜

さらに詳細は下記をごらんください。
http://www.cinematrix.jp/dds2018/
(暁)








































『バーフバリ』 読者の方から

ベストテンを寄せてくださった読者の佐伯さんから、『バーフバリ』についてのメールをいただきました。この映画は人を熱くしますね。ご紹介いたします。

『バーフバリ』ですが、すっかりお気に入りです。
4月の後半には『バーフバリ』の応援上映を初体験!
異様な雰囲気の中、来日中の監督とプロデューサーが登壇したのですが“創造主” と紹介されていたのが笑えました。
来月公開予定の完全版でも応援上映あるでしょうから、その時にはペンライトもって参加したいです。
私は
1)「後編」を大井町で鑑賞して大ショック
2)「前編」のBDを購入して鑑賞
3)大井町で前後編のセット上映を鑑賞
4)布教のために友人を誘って4人で前後編のセット上映を鑑賞
5)「後編」の応援上映が予約できたので会社を午後年休にして鑑賞
してます。
応援上映で私の隣に座った女性は応援上映参加5回目くらいといって、ライトの振り方とタンバリンの鳴らし方が完全に画面とシンクロしてました(^_^;)


『バーフバリ 王の凱旋』作品紹介はこちら(なぜか先の『バーフバリ』を書きそびれていました。すみません)。
6月1日より待望の167分の完全版(大ヒットしたインド公開版。3人に1人が観た!?)が公開になります。141分のインターナショナル版よりも26分長い!!上映劇場は新宿ピカデリー、丸の内TOEI、キネカ大森ほか。マサラ上映など詳細はHPでお確かめ下さい。『バーフバリ』のアニメ版が日本上陸するそうです(発売・販売:ツイン)。2018/7/25(水)DVDリリース!(白)