2021映画ベスト5 加藤久徳

順不同です。
〔洋画ベスト5〕
『ノマドランド』
『MONOS 猿と呼ばれし者たち』
『ONODA 一万夜を越えて』
『007 ノータイム・トゥー・ダイ』
『ウェンディ&ルーシー』
『Mank マンク』

次点『デッド・ロック』

taiyouko1.jpg

(C)ELEVEN ARTS Studios/2021「太陽の子」フィルムパートナーズ
〔邦画ベスト5〕

『アンダー・ドッグ 前・後篇』
『映画 太陽の子』
『キネマの神様』
『るろうに剣心 最終章 THE FINAL』
『ルパンの娘 劇場版』

次点『信虎』

〔ドキュメンタリー映画ベスト5〕
『犬は歌わない』
『ハイゼ家百年』
『コレクティブ 国家の嘘』
『サマー・オブ・ソウル あるいは革命がテレビ放映されなかった日』
『アメイジング・グレイス』

次点『なれのはて』

トータルで考えると、去年もっともインパクトのあった映画は、『アンダー・ドッグ』『ウェンディ&ルーシー』『犬は歌わない』の3作だ。
偶然にも、3作ともタイトルに犬がついている。『ウェンディ&ルーシー』のルーシーとは、犬の名前である。
『ウェンディ&ルーシー』は、クライマックスで目頭が熱くなった。2008年の旧作だが、忘れられない映画になりそうだ。『ノマドランド』のノマドにさえなれなかった哀れな女を演じたミシェル・ウィリアムズは主演女優賞である。
『アンダー・ドッグ』は、ギラギラ輝く北村匠海に圧倒された。チャラけた役ばかりを演らされるミュージシャンのイメージの強い彼が、真逆の舞台役者・森山未來相手に、ボクシングのリングで見事にはじけていた。
ところで、共演者との奇縁が続いた彼は、三浦春馬の共演者の一人であり、事後処理にも似たドラマの最終回での演技は健気にしか見えず、とても印象的だった。その反動が『アンダー・ドッグ』だったのかな???
『映画 太陽の子』は、三浦の死後に放映された20年作(製作は19なのだが、21年に劇場公開された以上、ベスト5に入れておきたい。『ウェンディ&ルーシー』同様、引き裂かれる話で、やはり泣かされた。
僕は悲劇が好きらしい。


2021劇場ベスト11プラスα 広島・山本(読者)

【劇場で観た順】
640_R.jpg
(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

すばらしき世界 「空が広いち云いますよ」キムラ緑子さん 絶品!この台詞は 西川監督オリジナルだそう。原作を私も読んでみた、面白かった!!

無頼 流石 腕っこきの井筒監督。お高目パンフも思わず買ってしまったが、パンフも かぁーなぁ〜り面白かった。近年の映画観賞の楽しみ、好みの役者も発見!松門洋平さん、気をつけていると 映画やTVで 時々お見掛けします( 『すばらしき世界』にも )。

ライトハウス どえりゃー刺激的!

孤狼の血 Level2 地元ロケは やっぱり大きい & 「コンプライアンスなんていらないんだよ‼︎」と叫びたくなる( エガちゃんのLINEスタンプにもある )。お気に入り役者・毎熊克哉君も 結局ワンコを可愛がる ちょっと微笑んでしまう役。今回のNo. 1 台詞は「たいぎーんじゃー わりゃー!!」( 鈴木亮平 )

返校 ラストの手紙に至って 滂沱の涙、エンドロール全く見られず。

MINAMATA-ミナマタ ジョニー・デップは まだまだ素敵だな。「彼女の事からは もうすっきり脚を洗って下さい」と お節介を云いたくなる。

少年の君 爆涙。

007 ノータイム・トゥ・ダイ 私が1番好きだった ジェイムズ・ボンド = ダニエル・クレイグ。この映画は クレイグ = ボンドの花道だと思う。

DUNE あゝ 懐かしや リンチ版DUNE。今度は間違いなく続編を観られるのが嬉しい。私の人生最後の長編小説と決めて『DUNE』3巻を購入した。まだ1巻目だ。

最後の決闘裁判 リドリー・スコットは 今もいつも堂々面白い。ドラマ( 「Killing Eve」 )でも活躍、ちょい役だけど『SW』のレイの母親役だったジョディ・カマー、『フリーガイ』にも出ていたとか。注目かも。

サウンド・オブ・メタル 何より、2人が 本当に互いの事を思い合っているんだな と思えて、より好きになった映画。


○ 天井桟敷の人々
○ 戦場のメリークリスマス

この2本は特別枠!

2021年 ベスト3は『すばらしき世界』『無頼』『007 ノータイム・トゥ・ダイ』
『ノマドランド』 観ている間中、浸透圧の高い水を飲んでいるようだった( ←表現が合っているのかどうかは わからない )。3回観に行って、今は 私の中の何処かに静かに眠っている。
『相撲道』17歳の頃に 美しい力士だった彼を幕下で発見、以来ずーっと応援してきた竜電、今は31歳。照ノ富士は 充分過ぎる程 凄いが、力士に紆余曲折あり…としみじみ思わされる。竜電、今 又幕下、初場所で優勝を逃した。次も頑張れ!
『映画館は換気も良く安全』との認識が行き届いた為か、よく行く映画館では ひと席空けてのチケット販売で 満席になる事も しばしばあったようで。『プロミシング・ヤングウーマン』は 私も満席で観られなかった。残念…

2021年公開作品よりおすすめ~ (白)

コロナ禍で、オンライン試写がほとんどでした。
ひっそりと劇場で鑑賞したものも入れて300本は越えました。そのわりに話題作は見逃してしまい、あんまり入っていません。
漫画原作&高校生の恋愛ものが相変わらず多し。少子高齢化の今、多くなっている高齢者が楽しめる作品を作って~。とはいえコロナが終息しないと、罹患したら重症化するというのと、周りに感染させるのが怖くて劇場に行けないんですよね。
おすすめはいっぱいありますが、ラストまで思い出せるものの中から(順位なし)。
濱口竜介監督作とか、ワールドワイドで有名な作品は入れてません。
私が書かずともみんな知ってるし。

全てシネジャブログに作品紹介あり。
★はインタビューや舞台挨拶記事のあるもの。


〔邦画〕
あのこは貴族★
痛くない死に方★
(ドキュメンタリー『けったいな町医者』★もぜひ一緒に)
海辺の彼女たち★
かば★
茜色に焼かれる
サマーフィルムにのって
ベイビーわるきゅーれ★
由宇子の天秤★
BLUE/ブルー
JOINT ジョイント★

*祝・完結!『るろうに剣心 最終章』

〔外国映画〕
偽りの隣人 ある諜報員の告白
王の願い ハングルの始まり
KCIA 南山の部長たち
ミナリ
1秒先の彼女
ブータン 山の教室
クーリエ:最高機密の運び屋
ジャスト6.5 闘いの証
モーリタニアン 黒塗りの記録
レイジング・ファイア(ウィルソン・イップ監督遺作)

*韓国映画が4本。メリハリきいていて、政治を扱ってもエンタメ度高く記憶に残ります。
kujirabito.jpg
〔ドキュメンタリー〕
くじらびと
デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング
グレタ ひとりぼっちの挑戦
コレクティブ 国家の嘘
スズさん~昭和の家事と家族の物語★
きこえなかったあの日★
記憶の戦争★
屋根の上に吹く風は
芸術家 今井次郎★
香川一区★

*ドキュメンタリーはどうしても社会性があり、重い題材が多くなります。目立ったのはミュージシャンや画家のドキュメンタリー。
子どもの学校の取り組みなど、観ていて笑顔になれるものもありました。
今井次郎さんは大人ですが、子どもの心が変わらずにあるような人。映画の中で生きています。

2021ベストテン ジャスミン茶

以前のように、夜遅くまで何本も見られなくなりました。

1 『香川一区』大島新監督/ドキュメンタリー
  前作『君はなぜ総理大臣になれないのか』が面白かったので、すぐ観に行きました。

2 『あの子は貴族』岨手由紀子監督
  2回観ました。

kagawa1ku.jpg
 
以下順位なし。

『中国女子バレー』(中国・香港/ピーター・チャン監督)大阪アジアン映画祭
『アメリカン・ユートピア』(アメリカ/スパイク・リー監督)
『クルエラ』(アメリカ/クレイグ・ギレスピー監督)
『ジャッリカットゥ 牛の怒り』(インド/リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ監督)
『明日に向かって笑え!』(アルゼンチン/セバスティアン・ボレンステイン監督)
『キャッシュトラック』(アメリカ/ガイ・リッチー監督)
『DUNE デューン 砂の惑星』(アメリカ/ドゥニ・ビルヌーブ監督)
『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』(大森貴弘監督)

2021ベスト10本(スタッフ・千)

今年は映画館、映画祭、オンライン、DVDなど計56本鑑賞できました。去年より若干多いのは山形国際ドキュメンタリー映画祭に参加出来たから、ですが、なんとコロナ禍で映画祭もオンライン開催…それでも楽しめましたのは関係者皆様のご尽力…ありがとうございました‼︎
本数が少ないので順不同、観た時系列です。


maigoninatta.jpg

『迷子になった拳』今田哲史監督/ドキュメンタリー
ミャンマーの伝統格闘技「ラウェイ」を巡る物語ですが、なんと私の地元・埼玉大宮も舞台のひとつ…見知った場所が、いちいち登場して興奮。

『ジャイビーム!インドとぼくとお坊さん』竹本泰広監督/ドキュメンタリー
ジャイ・ビームとは万歳ビーム!ビームとはビームラーオ・アンベードカル氏のこと…いまだヒンディー教のカースト制度が猛威を振るうインドで、身分格差を無くすために奮闘したアンベードカル氏の跡を継ぎ、現在では日本人の佐々木僧侶が悪戦苦闘中…そんなの知らなかった…上映会場だった神奈川県大和市のネパール料理屋さん「チャンドラスーリヤ」も素敵すぎました。

『けったいな町医者』毛利安孝監督/ドキュメンタリー
兵庫県で訪問医療をしている長尾和宏医師の日常を追う。もともと長尾和宏さんのファンだったので、劇場公開を知って映画館フォーラム仙台へ駆けつけました☆治療は勿論のことカラオケも上手いドクターでした。

『最後にして最初の人類』ヨハン・ヨハンソン監督
アイスランド出身の偉大なる音楽家(私にとっては…)思い入れがあり過ぎて、いまだに上手く咀嚼できない…。

『1秒先の彼女』チェン・ユーシュン監督
台湾が舞台の恋愛ファンタジーなのに、涙あふれてとまらない…それは私も独り身が長かったから?!

『牛久』トーマス・アッシュ監督/ドキュメンタリー
今年の山形国際ドキュメンタリー映画祭はオンライン開催で、じぶんの小さなパソコン画面で鑑賞したけど、それでも入管の酷さは充分に伝わってきた。2月26日劇場公開‼︎

『千古里の空とマドレーヌ』我妻和樹監督/ドキュメンタリー
『牛久』と同じくヤマガタ・オンラインで鑑賞。宮城県出身の監督が震災前から地元を見つめ続けている姿に、なにより敬服。劇場公開を待ってます‼︎

『燃え上がる記者たち』スシュミト・ゴーシュ、リントゥ・トーマス監督/ドキュメンタリー
同じくヤマガタで。インド・カーストの底辺にいる女性たちがマスコミが取り上げない、でも大事なニュースを取材して報道する…シネマジャーナルに似てませんか?!苦笑

『水俣曼荼羅』原一男監督/ドキュメンタリー
原監督の作品は10代の時からずっと追いかけて観ていて、尊敬する監督のひとり。6時間は確かに長いのだけど、そこはキング・オブ・編集の秦さんのテクニックで飽きさせない、ぐいぐい惹きつける流れになっていて、最後半の石牟礼道子さん登場で涙腺崩壊。

『えんとこの歌』伊勢真一監督/ドキュメンタリー
仙台メディアテーク館長(哲学者の鷲田清一氏)セレクトの上映会で鑑賞。脳性麻痺で寝たきりの遠藤さんを囲む人間模様…私も小学生の時、同級生で脳性麻痺のエミちゃんが居た。自他共に認める仲良しだったのに途中から学校が変わってしまい音信不通に…今はどうしているのだろうか、とても会いたくなった。

新年もコロナ禍で、なかなか外出しづらい状況だけど、やっぱり映画は映画館で観たい‼︎ (千)