2020ベストテン 加藤久徳

邦画 
劇映画 
『海辺の映画館 キネマの玉手箱』(大林宣彦)
・ドキュメンタリー
『三島由紀夫VS東大全共闘』(豊島圭介)
『相撲道 サムライを受け継ぐ者たち』(坂田栄治)

洋画
劇映画
『コリーニ事件』(マルコ・クロイツパイントナー)
『ポルトガル、夏の終わり』(アイラ・サックス)
『ジュディ 虹の彼方に』(ルパート・グールド)
『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(テリー・ギリアム)
『1917 命をかけた伝令』(サム・メンデス)
ドキュメンタリー、記録映画
『粛清裁判』(セルゲイ・ロズニツァ)
『国葬』(同上)
『彼らは生きていた』(ピーター・ジャクソン)
『パヴァロッティ 太陽のテノール』(ロン・ハワード)
『ようこそ映画音響の世界へ』(ミッジ・コスティン)

umibeno.jpg
(C)2020「海辺の映画館 キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

 去年のベスト10はコロナの影響により~と書けば言い訳は楽だが、オンラインなんてと思っている人間には酷な時代だと言いつつ、観た中から、これは良いと思うものをチョイス。洋画は例年通りベスト5だが、邦画はもうこの通り…。
大林宣彦監督の遺作である『海辺の映画館 キネマの玉手箱』は、もう、言い残すことがありすぎて音声も映像も入りきれないみたいだ。もはやフレーム脱却。でも凄い。楽しく圧倒された。時空を越えた大林流ドキュメンタリーだ!!(合掌)

 ウクライナ出身のセルゲイ・ロズニツァ監督3作品の一つ『粛清裁判』(2018)はインパクトが強烈。でっち上げとは何か?久々に脳髄を刺激された。傑作だと思う。
『三島由紀夫VS東大全共闘』は当時のテレビマン達の本気度を知ることができる逸品だが、東大出身の豊島監督としては精一杯のリスペクトなのだろう。堅苦しいのはそのためか。


この記事へのコメント