観た順で選んだ10本 (千)

コロナ禍の2020年(現在も続いてますが…)その他の諸事情も重なって、かつてない少なさの50本の映画鑑賞でした。ジャンル分けはせず順位も無く、観た順で選んだ10本です。(今8本です。あと2本はのちほど)

『月夜釜合戦』 
佐藤零郎/2017
山谷にあるミニシアター「泪橋ホール」へ観に行きました。名物の餃子を頬張りながら、なんと私の目の前に座っていたオッチャンは出演者のひとり。山谷で西成の映画を体験するという忘れられない作品。

『ちむぐりさ~菜の花の沖縄日記』
平良いずみ/2020/ドキュメンタリー
10代の菜の花ちゃんが実際に体験した沖縄での暮らしをそのまま映し出していて…心に深く刺さりました。

『ラストレター』 岩井俊二/2020
監督の出身地である仙台市太白区にあるMOVIX仙台で鑑賞。さすが出身地なだけあって劇場は盛況!!
作品の舞台ももちろん宮城県で、現在宮城県民の私は単純に嬉しかったです。監督、もっと東北で撮って!!

yama2.jpg

『三島由紀夫vs東大全共闘50年目の真実』
豊島圭介/2020/ドキュメンタリー
仙台駅からすこし北に行った所にあるフォーラム仙台にて鑑賞。東大のひとによる東大の映画なんだけど、その当時東大生だった
芥正彦さんが最高。三島さんが切腹してまで訴えたかったことって何だったんでしょうか……

『プリズン・サークル』
坂上香/2019/ドキュメンタリー
仙台駅前にある映画館「チネ・ラヴィータ」で鑑賞。交通至便な所にある劇場なので、よく行ってます☆
島根県の刑務所でおこなわれているセラピー的プログラム。それを受けることによって、再犯率がとても減っているという…
だったら、もっと国内にあるさまざまな刑務所で、このプログラムを取り入れるべきではないでしょうか。

yama1.jpg

『なぜ君は総理大臣になれないのか』
大島新/2020/ドキュメンタリー
前述と同じチネ・ラヴィータにて鑑賞。劇場の壁に貼ってあったポスターには大島監督のメッセージ&サインありました!!
真面目なひとほど損をすると言うか…正義感だけでは勝てないことが沢山あると、わかっちゃいるけど私まで悔し涙。。

『音楽の中に 萩原朔太郎と両角文則のマンドリン』
桜井顕/2020公開/ドキュメンタリー
群馬県前橋市のミニシアター「前橋シネマハウス」にて鑑賞。前橋が誇る詩人・萩原朔太郎は大変なマンドリン愛好家だったそうで
その孫弟子にあたるモロシー先生を追った貴重な作品。

『凱歌』
坂口香津美/2020/ドキュメンタリー
年末、渋谷のイメージ・フォーラムへ行って来ました。まさか年明けに緊急事態宣言が再発令されるなんて…
その前に観といて良かったです。東京都東村山市にあるハンセン病の施設が舞台。ひどい差別、それが日本の国策なんだから、ほんと悲しい…。

この記事へのコメント