2017年 マイ シネマ ベスト10! 飯田 眞由美

2017年、還暦を迎えました。で、晴れてシニア料金でチケットを購入できる立場になりました。
で、平日の映画館に行くとシニア様がいっぱい。ちょっとしたデイ・サービス状態です。介護予防のためにも、せっせと通うつもりです。
さて、10位です。『ラ・ラ・ランド』。正統派ミュージカル映画がかえって新鮮だったけど、ストーリー自体は平凡だったので、この位置になりました。

9位は『ギフテッド』、分かりやすい感動物の作品なのだけど、この手の、子の成長をテーマにした作品は、母親の育児方針が兎角悪者にされて、それが鼻についてしまった。子役の演技に脱帽。

8位に『バグダッド・カフェ』。観ずにいた名作を、テレビで堪能しました。主題歌のCalling Youは、歌だけで聴くより、映画の中で聴くほうがずっとステキだった。

7位、『ノクターナル・アニマルズ』。劇中劇の高速道路での煽り行為からの犯罪が、映画公開時に日本で起こっていたためか、ストレートな宣伝がされなかったと思う。そういう点で不遇な作品。

6位『僕のワンダフル・ライフ』は犬好きにはたまらない映画。原題の意は〈ある犬の目的〉ってことだけど、要は人間が犬に望む犬の存在意義ってこと。犬はただ犬として生きているのだろうけど、犬を幸せな家族の象徴として映画に登場させたがる米国人は、犬は人間をハッピーにさせる使命を持っていると信じているみたいだ。映画を観た後、我が家のワンコがとっても愛おしくなったっけ。

5位には『希望のかなた』を選びました。北欧を舞台にしたシリア難民青年と彼を支援する人々を描いてヒットしました。エピソードに日本と寿司が出てくるのだけれど、日本って外国にはこんな風に思われているのねと、苦笑してしまったが、外国映画がその中で他国を描いているときは、それ自体を疑わなければと思い知らされました。

第4位。『MERU/メルー』。メルー峰登頂を目指す男たちとその家族のドキュメンタリー。登山を知らない私は、崖に宙ぶらりんになるテントとか、実際の登山用具にびっくりでした。

第3位は『否定と肯定』。原題は“DENIAL”で否定だけ。ホロコースト否定論を否定するのだから、肯定は出てこないはず。裁判がイギリスで行われるのでイギリス文学っぽい題名にしたのかも知れないが、この無神経さが不愉快な印象。イギリスの司法システムの勉強になった作品。

第2位、『パターソン』。これも主人公は犬、と言っていいかも。穏やかな主人公がとっても素敵。自分を偽らない妻もとっても素敵。精いっぱいの自己主張にがんばるブルドッグもとっても素敵。

そして第1位は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。主演のケイシー・アフレックが昨年度のアカデミー賞主演男優賞を手にした作品。確かに上手かった。彼の演技があってこその作品だと思う。それゆえに、ハリウッド発で全世界の女性たちが声を上げているセクハラ問題で、ハラスメントしていた側の一人として彼が糾弾されているのは、何とも残念。正体はトンデモ男だとしても、役になり切った俳優としての演技力は、大したものだった。元妻役のミシェル・ウィリアムズも良かった。彼女の涙にもらい泣きしてしまった。

2018年は、インフルエンザ恐しでちょっと出足が鈍い状況。
春になったらどんどん観て、次のベスト10を楽しむゾ!

この記事へのコメント