映画上映&トーク「オーバーハウゼン宣言 再考」@ゲーテ・インスティトゥート東京

「古い映画は死んだ。我々は新しい映画を信じる」——オーバーハウゼン宣言と時を同じくして、1962年に開設されたゲーテ・インスティトゥート東京で、9月18日(日)、「オーバーハウゼン宣言 再考」をテーマに、60年前に宣言された要求事項を、今日の映画を取り巻く状況に照らし合わせて考察する映画上映とトークが行われます。

2022年9月18日 (日) 11:00 - 19:00
会場:ゲーテ・インスティトゥート東京 ホール
(東京都港区赤坂7-5-56 ドイツ文化会館内)

★無料、なるべく事前にお申し込みください

プログラムの詳細は下記のサイトをご覧ください。申込フォームもあります。
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok/ver.cfm?event_id=23606408


プログラム
11:00[上映]アレクサンダー・クルーゲ『サーカス小屋の芸人たち 処置なし』 (1968年, 103分)
14:00[上映]クリストフ・シュリンゲンジーフ『ボトロップの120 日』(1997年, 60 min)
15:30[上映]マックス・リンツ『このオーバーハウゼン気分』(2011年, 上映時間35分 )
[トーク]マックス・リンツ(逐次通訳)
17:30[講演&トーク]ゲオルク・ゼースレン「映画の未来 — オーバーハウゼン宣言から60年を経て」
[ディスカッション]ゲオルク・ゼースレン、アレックス・ツァールテン 司会:平沢剛 (同時通訳)

本プラグラムをもって、ゲーテ・インスティトゥート東京の開設60周年を記念する特別企画シリーズ「変動の時代unrest 62|22」は幕を引き、後半「...& vernetzt …そして つながる」へと続きます。