ベスト3とフィリピン映画 よしだまさし

 昨年観た映画のベスト3は、
『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』
『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』
『竜とそばかすの姫』

で確定で、その他お気に入りはというと順不同で、
『レイジング・ファイア』
『ミッドサマー』
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
『新感染半島』
『るろうに剣心 最終章 The Final』
『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
といったところ。
 まあ、このあたりの作品についてはいまさらコメントは不要でしょうから、ここは僕らしく、日本未公開のフィリピン映画を4本紹介しておきます。


『Princess Dayareese』(2021年)
 フィリピンの芸能界には若い男女をセットにして売り出す習慣があって、そのカップルのことをラブ・チームと呼ぶのだけれど、昨年の冒頭でいちばん人気のあったラブ・チーム、マイマイ・エントラータとエドワード・バーバー(ふたりあわせてMayWardと呼ばれている)を主演に起用したコメディ映画。小さな島国の王女とそっくりだったことから、身代わりとしてその王国にわたった詐欺師の女性をメインにしたストーリーで、人気絶頂のマイマイ・エントラータの勢いが感じられる実に楽しい作品。内容的には突出したものはないのだけれど、女優が輝いているだけで映画そのものがグンと魅力的になるという典型的な作品です。

『Love Is Color Blind』(2021年)
 テレビシリーズ『He's Into Her』の大ヒットによって一躍トップスターとなったベル・マリアノとドニー・パンギリナンのラブ・チーム主演のラブコメディ(こちらはふたりあわせてDonbellと呼ばれている)。画家の道を目指していたが交通事故で色覚異常となってしまった若者と、なんとか彼を立ち直らせようとする女性のドラマで、シリアスなテーマではあってもベル・マリアノの陽性のキャラゆえに明るく楽しい映画に仕上がっている。そこに、フィリピン映画のお約束ともいうべき家族の再生という感動的な場面がはさみこまれ、アイドル映画とはいえなかなか侮れない。
 いまフィリピンでいちばん旬の映画を1本あげろと言われたなら、本作こそがそれにふさわしいのではないだろうか。

gameboy.jpg
(C)The IdeaFirst Company

『The Boy Foretold by the Stars』(2020年)
 こちらは男子校を舞台にしたフィリピン初のボーイズラブをテーマにした映画なのだけれど、性別に関係なく普遍的な恋愛映画としてたいそう丁寧に作られており、非常に好感の持てる作品に仕上がっている。男性であるとか女性であるとかということに関係なく、たまたま好きになってしまった相手が同性だっただけなのだ。
 新人監督の作品なのだが、なかなか堂々たる演出ぶりで、初監督作品とは思えない完成度だ。とりわけ、校庭にロウソクを並べたシーンとか、丘のむこうに広がる街の夜景とか、印象的な情景をとりこむのがすごくうまい監督であると感じた。
 なお、一昨年あたりからフィリピンではボーイズラブを題材にしたドラマが続々と作られていて、その中で最もヒットしたのが14話からなるウェブドラマの『Gameboys』で、そのヒットを受けて作られた続篇が『ゲームボーイズ The Movie ~僕らの恋のかたち~』として日本でも1月21日から公開されることになっている。ウェブドラマの方がたいそう完成度の高いドラマだったので(泣かされます!)、こちらも期待大だ。

『Isa Pang Bahaghari』(2020年)
 名匠ジョエル・ラマンガン監督の手になる大人の恋愛映画。メキシコ沖で爆発炎上したタンカーとともに亡くなったと思われていた男が20年以上たって帰ってくる。帰れなかったのには仕方のない理由があったのだが、その間、苦労に苦労を重ねていた家族は彼を受け入れようとはしなかった。そこで、男と家族との間をなんとかとりもとうとしたのは、若い時からずっと男のことを愛し、献身的に男と男の家族を支えてきたゲイの同級生だった。これがもう、なんとも切ない恋愛映画なのだ。
 主演はフィリピンを代表する名優ノラ・オノールとフィリップ・サルヴァドールということになっているのだけれど、ゲイの同級生を演じたマイケル・デ・メサの演技が実に素晴らしい。
 明るく楽しい青春映画の目立っていたフィリピン映画界だけれど、こうしたしっとりとした質の高い大人の恋愛映画も作られているのです。

2021年ベストテン 菅沼正子

2019年から始まったコロナ禍騒動、それも収まらないうちにオミクロン株などが出てきて、収まるどころか6波を懸念しなければならない状況で迎えた2022年。昨年見た作品を振り返ってみると、やはり例年より少ないことに気づく。それもコロナ禍のせい?それでも恒例のベストテン選出は、いつものことだが、楽しくもあり、苦しく悩ましくもあり、です。劇場公開された作品のみから選出してます。

外国映画の部
1,グンダGUNDA
 これはすごい!躍動感あふれる生命の鼓動。ある農場で暮らす豚、鶏、牛の日常をとらえたネイチャー・ドキュメンタリーだ。研ぎ澄まされたモノクロームの映像と斬新なカメラワークだけで、解説もナレーションもない。人工の音楽も一切ない。聞こえてくるのは、動物と自然の音だけ。けれどメッセージのインパクトは大きい。ラストシーンは映画史に残るほどのすばらしさ。この慟哭は生涯忘れないだろう。

2,アイダよ、何処へ?
 いまだに続くボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争。中でも戦後ヨーロッパ最悪の大量虐殺事件<スレブレニツァの虐殺>の全貌と真実が明かされる。人間の残虐さが怖い。国連保護軍と市民の通訳として働くのがアイダ。どんな苦境にあろうとも未来を信じて決断するアイダの勇気は、希望の明かりである。

3,ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男
 実話に基づくリーガルドラマ。巨大企業による環境汚染問題を、たった1人で闘う弁護士の不屈の信念に感動。

4,素晴らしき、きのこの世界
 キノコ・菌類の秘めたる力に迫った驚異のドキュメンタリー。きのこ効用の知識はあるつもりだが、危険な場合もあるから注意が必要だが、キノコ・菌類の可能性を教えてくれる1本。

5,リル・バック ストリートから世界へ
 闘争の街メンフィス育ちのリル・バックが、世界的なダンサーなるまでのドキュメンタリー。彼の信念は心だけはだれよりもタフで、常に前を向いて行動すること。感情の高まりをそれぞれのダンススタイルで表現、その個性とダンスに魅了される。

6,83歳のやさしいスパイ
 南米チリ映画。実際の新聞広告から生まれたドキュメンタリー。83歳のおじいちゃんが雇われたミッションは、自身も老人ホームに入居して実態調査すること。家族と疎遠になった高齢者の孤独ほど精神的につらいものはない、というメッセージが心に響く。

7,ノマドランド
 苦境の時代を希望で照らすロードムービー。リーマンショックで仕事と住居を失った60代のヒロインが、あえて車上生活者、つまり現代のノマド(遊牧民)になる。それはある意味自分探しの旅。人生の時間を大切にとの強烈なメッセージである。

8,少年の君
 統一試験間近な進学校で、いじめのターゲットにされている少女。幼いころ親に捨てられ、橋の下暮らしで学校には行ったことのない少年。ひょんな事で出会ったこの2人の、魂と魂の交錯が胸を打つ。

9,17歳の瞳に映る世界
 シリアスなテーマを真摯に描く。地方に住む17歳の少女が妊娠。熟慮の末、堕胎を決意。親の承諾書がいらないニューヨークへ。本人の意思に寄り添い紡ぎ出すカウンセラーの言葉が胸に迫る。「青春を無駄にしないで」のメッセージを心に刻んでほしい。

10,天国にちがいない
 特異な映画。まるでサイレント映画みたい。主人公は<ナザレ>と<パレスチナ人>の2言しゃべるだけ。セリフがあるのは、通行人やカフェの人々の会話のみ。あとは、主人公の視界に映る風景・光景だけで、「あなたは何を感じますか」と問いかけているのだろう。主人公は故郷ナザレから、パリ、ニューヨーク市へと旅するが、どこでも戦車、銃、バズーカ砲などを目にし、「どこに行っても我が故郷と変わりはない、この世界はパレスチナの縮図なのか」と政治的メッセージを発しているのだろうと私は思う。

drive.jpg
(C)2021「ドライブ・マイ・カー」製作委員会

日本映画の部
1,ドライブ・マイ・カー
 村上春樹の短編小説の映画化。監督は世界的に注目されている濱口竜介。彼の無尽蔵の才能に感服。本作のシンボル的人物像を演じる若い女・みさきが未来を信じて自分の人生を生きていく姿勢が印象的。生きることの苦しさと美しさ、人を愛する痛みと尊さ、信じることの難しさと強さなどが胸にしみる。

2,あのこは貴族
 育ちが違う2人の女性の青春ストーリー。華子(門脇)は東京生まれの上流階級育ち。時岡美紀(水原希子)は富山県生まれで、実力で名門大学に合格し上京、自力で東京を生き抜こうと必死。共通の友人、幸一郎(高良健吾)を挟んでドラマが展開するが…。人生で1番大切なものは?それが分かったとき道は必ず開ける。

3,護られなかった者たちへ
 衝撃と感動のヒューマンミステリー。3/11の震災から10年目の仙台が舞台。全身を縛られたまま”餓死”させられるという不可解な連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かび上がった男、追い詰める刑事。やがて事件の裏に隠された切なくも衝撃の真実。容疑者・佐藤健VS阿部寛。罪を犯してまで護りたかったものとは?行政の無慈悲を糾弾している。

4,梅切らぬバカ
 都会の片隅で、寄り添って暮らしている母と自閉症の息子。息子が50回目の誕生日を迎えたとき母親はふと気づく。このままでは…。この親子が社会の中で生きていく様を温かく誠実に描き胸に迫る

5,椿の庭
<This is Japan>と言いたい堂々とした日本PR映画。豊かな四季のある日本、四季折々の花が咲く美しい庭園。日本を代表する富司純子の着物姿のあでやかさ、上品な所作。日本に生まれて良かった。

「香港映画発展史探究」

hongkong.jpg

会 期 2022年1月4日(火)-1月30日(日)
    会期中の休館日:月曜日
会 場 長瀬記念ホール OZU(2階)
定 員 310名(各回入替制・全席指定席)※12/15(水)更新
pdfプログラムはこちら
主 催 国立映画アーカイブ
特別協力 康樂及文化事務署香港電影資料館
(Special thanks to Hong Kong Film Archive, Leisure and Cultural Services Department)
協 力 福岡市総合図書館
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/hongkong202112/

・マスク着用のない方の入館をお断りします。
・来館者全員に検温を行います。37.5℃以上の方は入館をお断りいたします。
・各回の開映後の入場はできません。
・館内でのチケット販売・発券はございません。障害者(付添者は原則1名まで)、
 国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズの方も前売指定席券をお求めください

HP:https://www.nfaj.go.jp/exhibition/hongkong202112/

★国立映画アーカイブではクラウドファンディング中です。こちら

「のむコレ’21」

アジア映画のラインナップが魅力的な「のむコレ」、秋から上映開始していますが、残り少なくなりました。

●「のむコレ’21」(読み:のむコレツーワン)
毎年秋にシネマート新宿、シネマート心斎橋で実施される劇場発信型映画祭です。
選定に携わるのは、シネマート新宿/心斎橋 番組編成担当、野村武寛氏。
アジア映画を中心に、2021年は17本を上映。
10月22日から始まり、シネマート心斎橋での上映は昨年末で終了しましたが、シネマート新宿では1月27日まで上映が続きます。
スケジュールはこちらでお確かめください。
https://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/movie/001101.html

●おうちでCinem@rt(シネマート)
ここでしか見られない作品、俳優・監督ごとの特集、のむコレの過去作、最新作も配信。
ラインナップを見てるだけでも楽しいですよ。
のむコレ’21の作品もとうじょうしました。

先行配信1,200円 ※視聴可能時間、料金は作品によって異なります
新作550円(税込)(視聴可能時間:48時間)
旧作440円(税込)(視聴可能時間:48時間)
Twitter: https://twitter.com/OuchideCinemart
Facebook:https://www.facebook.com/ouchidecinemart/
Youtube :CinemartChannel

https://www.cinemart.co.jp/vod/

posted by shiraishi at 12:01Comment(0)上映会