「四方田犬彦連続映画講座―シオニズムとパレスチナ」@シネマハウス大塚

「シネマハウス大塚」館長の後藤和夫様より、『四方田犬彦連続映画講座―シオニズムとパレスチナ』のご案内をいただきました。

*********

シオニズムとパレスチナ.fix.jpg

これは貴重な体験をお約束する特別企画。
映画誌・比較文学研究家 四方田犬彦のとっておきの映画講座。

2004年、イスラエル・テルアヴィヴ大学に客員教授として赴任した四方田は、現地のスピルバーグ・ユダヤフィルム・アーカイヴなどで、数多くのイスラエル映画、パレスチナ映画を研究した。その豊富な映像体験を元に、音と映像をめぐる考察、その研究成果を問う。

シオニズムとは何か、それを映画はどのように表現してきたか。また、シオニストに対抗するパレスチナの抵抗運動はどう表現されてきたか。

四方田犬彦が所蔵する資料映像をもとに6回にわたる連続講座が始まる

【期日】9/17,10/1,10/22,11/5,11/26,12/10の6回。

【時間】毎回18:00から。

【会場】シネマハウス大塚
https://cinemahouseotsuka.com

【受講料金】1回1300円。6回共通券6000円。

【予約】info@cinemahouseotsuka.com

【講座内容】
第1回 9月17日(金)シオニズムのプロパガンダ映画
20世前半にはシオニストの手によって、入植を喧伝するプロパガンダ映画が次々と制作された。

第2回 10月1日(金)パレスチナの抵抗は他者によっていかに描かれたか。
世界は1968年以降のパレスチナ解放闘争に注目した。ゴダール、若松孝二と足立正生、山口淑子(李香蘭)といった映画人。

第3回 10月22日(金)パレスチナ人は大厄難をどう描いたか。
1948年の国家イスラエル建設は、パレスチナ側からは「ナクバ」(大厄難)を呼ばれる。この歴史的事件をイスラエル側とパレスチナ側の監督たちがどう描いてきたか。

第4回11月5日(金)パレスチナのカリスマ映画人 バクリ 
バクリはイスラエル国籍のパレスチナ人で、ジェニンで大虐殺が起きると、秘かに彼の地に潜入し、証言ドキュメンタリーを監督。

第5回 11月26日(金)世界を放浪するパレスチナ人 スレイマン 
スレイマンはイスラエル国籍のパレスチナ人で、『D.I.』や『天国にちがいない』の監督。

第6回 12月10日(金)ベイルートの眼差し サアブ
数多くのパレシチナ難民を引き受けてきたベイルート。ジョスリーン・サアブは4この苦悶の首都の物語を証言してきた。

シオニズムとパレスチナ裏.fix.jpg




クルドの吟遊詩人を巡る映画『Voices from the homeland』オンライン上映会

クルドの吟遊詩人、デングベジュたちの物語をめぐるドキュメンタリー映画『Voices from the homeland 地図になき、故郷からの声』のオンライン上映会をご紹介します。

日時:2021年8月29日(日)13:00~
会場:Zoomを用いたオンライン開催

【主催】
・科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」(研究代表者:長沢栄治(東京外国語大学))
・科研費基盤研究(A)「トランスナショナル時代の人間と「祖国」の関係性をめぐる人文学的、領域横断的研究」(研究代表者:岡真理(京都大学))

登録フォーム
https://forms.gle/f7XFRLbm8cAj5iCx8


『Voices from the homeland 地図になき、故郷からの声』
監督:中島 夏樹
2021年, クルド語・トルコ語・日本語, 60分

デングベジュは、伝統的なクルドの語り部であり、歌い手である。クルド人の母語であるクルド語は、トルコにおいて長いこと禁止されてきた。
それでも、デングベジュたちはいにしえの言葉、クルド語で歌い続け、人びとの記憶と心の叫びを声にのせ、物語として語り継いできた。
土に埋められた秘密のカセットテープを、40年探し続けるひとりのデングベジュ。
子どもたちをトルコ人と同じように育てることで彼らを守ろうとした、村で最後のデングベジュ。
物語を語り継ぐデングベジュたちの「物語」にのせて届けられた彼らの声は、いま、クルド人の新たな物語が紡がれている日本で解き放たれた。

【スケジュール】
13:00-13:20 解説:中島 由佳利氏
13:20-14:20 映画上映
  休憩(10分)
14:30-15:30 講演:中島 夏樹氏、磯部 加代子氏
15:30-16:00 質疑応答

【登壇者紹介】
◆中島 夏樹 Natsuki NAKAJIMA
 作曲家、映像作家。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。東京藝術大学美術研究科先端芸術表現科修了。2018年、株式会社MAGNETICA studio設立。
◆磯部 加代子 Kayoko ISOBE
 クルド文学翻訳家、トルコ語通訳。訳書に、ムラトハン ムンガン編『あるデルスィムの物語―クルド文学短編集』さわらび舎, 2017年 他。
◆中島 由佳利 Yukari NAKAJIMA
 ノンフィクションライター。クルド人問題研究家。クルドを知る会メンバー。著書に『新月の夜が明けるとき―北クルディスタンの人びと』新泉社, 2003年 他。

【問い合わせ先】
イスラーム・ジェンダー学科研事務局( office@islam-gender.jp )

http://islam-gender.jp/news/337.html
posted by sakiko at 12:14Comment(0)上映会

ロシア・中央アジア映画上映会『カブールの孤児院』*オンライン

筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」による、中央アジアの文化とSDGsへの理解促進のためのオンラインによる第2回ロシア・中央アジア映画上映会をご紹介します。参加無料。どなたでも参加できます。

*******

上映作品:『カブールの孤児院』
シャフルバヌ・サダト監督
2019年、90分
ダリー語・ロシア語・ヒンディー語・ウルドゥー語/日本語字幕付き

日時:令和3年8月20日(金)18:00〜20:00

会場:オンライン (Zoom、ULIZA)

17:45 Zoom開場 ※お早めにお入りください
18:00 作品解説 「映画で見るアフガニスタンの社会と言語─ソ連・中央アジアとの関係を通して─」(筑波大学UIA梶山祐治)
18:25 上映会場開場
18:30 映画『カブールの孤児院』(90分)上映(~20:00)

<申込フォーム>(定員500名)
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_G-GNdj7kS4Whu1BoEswWHg

ご登録後、入室のための URL をお送りいたします。

主催:筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト (NipCA)」
協力:日本・中央アジア友好協会(JACAFA),筑波大学 国際局,学生部, グローバルコミュニケーション教育センター社会貢献委員会, スーパーグローバル大学事業推進室, 地域研究イノベーション学位プログラム,人文・文化学群,社会・国際学群

(案内文より)
第2回目となる今回は、アフガニスタンの首都カブールの孤児院を舞台とした、シャフルバヌ・サダト監督の映画『カブールの孤児院』を日本初上映いたします。
冷戦期、地政学上の観点から東西両陣営に重要視されたアフガニスタンは、常に他国の干渉にさらされてきました。10年にわたる軍事介入からソ連軍が撤退を決めた1989年、国内に多く残された孤児たちの姿を通して、現代アフガニスタンの諸問題を深く考えさせる作品です。



posted by sakiko at 11:58Comment(0)上映会

シネマハウス大塚設立3周年特選企画『傍観者あるいは偶然のテロリスト』トーク付連続上映

2018年に大塚にできた小さな映画館「シネマハウス大塚」。
設立3周年特選企画として、設立メンバーで館長を務める後藤和夫氏が自身の経験を元に作り上げた映画『傍観者あるいは偶然のテロリスト』のトーク付連続上映のお知らせをいただきました。

guuzen.jpg

『傍観者あるいは偶然のテロリスト』作品上映
12:00 14:30 17:55の3回。
16:45からゲストトークタイムです。


[トークゲスト]
4月17日(土)井上淳一(脚本家・映画監督)
4月18日(日)ダニーネフセタイ(木工職人・平和活動家)
4月19日(月)NGO・JVCスタッフ(パレスチナ担当)
4月20日(火)佐野亨(ライター・編集者)
4月21日(水)高橋真樹(ノンフィクションライター)
4月22日(木)四方田犬彦(映画誌・比較文学研究家)
4月23日(金)森達也(作家・映画監督)
4月24日(土)高橋和夫(国際政治学者)
4月25日(日)足立正生(映画監督)

[入場料金](当日券のみ。前売りなし
映画観賞券1300円均一(税込) トーク参加券500円(税込)
整理番号順・各回入替・定員制。座席数に限りがございます。
予約・問い合わせ info@cinemahouseotsuka.com
公式HPからもできます。
https://nipponpopkyo.wixsite.com/palestine

上映スケジュール
https://nipponpopkyo.wixsite.com/palestine

『傍観者あるいは偶然のテロリスト』
監督, 脚本, 主演 : 後藤和夫

68歳の映像作家でありジャーナリストである後藤和夫。
映画館を作ったから映画も作りたいとシナリオを書いた。
『偶然のテロリスト』。
よく知る日本人ジャーナリストがイスラエルで自爆テロ。
あの青年がそんなことをするはずはない。彼の足跡をたどる旅に出る・・・

シナリオにリアリティはあるのか? 
2020年春、後藤は、かつて取材で訪れたパレスチナにロケハンを兼ねて赴く。
初めて訪れたのは、2000年11月。9月に右派リクードのシャロンがパレスチナの聖地を強行訪問。進んでいた和平合意が崩れ去り、パレスチナ人が一斉蜂起した第二次インティファーダの真っただ中だった。
あれから20年。パレスチナはどう変わったのか?
かつて会った若者たちは、今、何を語るのか?
ベツレヘム、エルサレム、ヨルダン川西岸、ガザ・・・
2000年代初頭の数年に訪れた各地での取材映像と、2020年再訪時の映像が交錯する・・・
☆予告編 https://youtu.be/jyaFl2qAoWs

シネジャ作品紹介 

2020ベスト15   読者 広島・山本聖美

パラサイト.jpg
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

○ パラサイト 半地下の家族
去年のベストで「もしかして…」と云っていたが、本当にオスカー獲った、TV前で大興奮!ポン・ジュノのスピーチは素晴らしく、スコセッシの嬉しそうな事!!『パラサイト』は完璧だから文句はないが….しかし、WOWOWの放送では ラストが違っていたのだ、私はそれには反対派。

○ フォードvsフェラーリ
去年の『バーニング』同様、これも 早いうちに 私の2020ベスト1決定していた。超スピード車に乗せられて泣くフォード2世社長も、エンツォ・フェラーリも 良いカオだったなぁ。

○ ミッドサマー
岩壁飛び降り・顔面破壊シーン以外は 結構笑ってしまった…。一番怖かったのは 自死した妹の姿…

○ マリッジ・ストーリー
かつて 愛して一緒になった相手に、酷い言葉を投げつけながら 泣いてしまうアダム・ドライヴァーが とても良い。

○1917 命をかけた伝令
よく出来た映画、出来過ぎな程に。それでも、涙 湧き出る。

○ プロジェクト・グーテンベルグ  贋札王
いやはや 面白い仕掛けの映画だった。『ユージュアル・サスペクツ』かっ⁉︎ と思わず叫ぶ( 脳内で )。出来ればもう1回観たかったなぁ。

○ 9人の翻訳家  囚われたベストセラー
本が関わる映画は大好き、期待を裏切られる事なし と記憶する。ランベール・ウィルソンは『氷壁の女』で好きになった懐かしの男優!

○ 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
ずっと三島由紀夫が好きだし、彼の切腹した日には( 小学生だった )特別な思い出もあり、大事な友達2人は11/25生まれだ。討論の内容は、私などには難しいのだが、それでも いろいろ面白く興味深いのだ。芥正彦氏が抱っこしていた ( 彼にとって、一種のお守りでもあったのだな多分 ) 全然泣かなかった あっぱれな赤ん坊とか。

○ エクストリーム・ジョブ
ラストシーン『男たちの挽歌』の曲、しかし 画は『挽歌2』と云うオマージュに 映画館友と大いに盛り上がる。監督が『挽歌』好きなのですね。

○ WAVES ウェイブス
ルーカス・ヘッジス ますます良いですね。

○ はちどり
繊細で良い映画だった。パンフには パク・チャヌクの印象的な文章。

○ 狂武蔵
『キングダム』で むちゃくちゃシビれた坂口拓氏。ノーカット77分【開始5分で指の骨が、最終的には肋骨も折れ、歯を食いしばっていたことで奥歯が4本砕けました】
園子温監督の『地獄でなぜ悪い』を8回観に行ったのは、勿論面白いからであるが、スカーフみたいなシャツ着たヤクザ役・男前の山中アラタ氏を見る為でもあった。何と彼が『狂武蔵』に出ており、前半から何度か坂口拓氏に絡みつつ、遂にはラスボス的な役。やった!!

○ 葉問・完結(イップ・マン 完結)
ちょっと遠くの映画館、上映開始は0920…5時起きで観に行きましたとも! ドニーは外せまへん。

○ 鵞鳥湖の夜
全編 何とも表現出来ん面白い画で( 静止していても 動いていても ) 最初っから 最後迄ドキドキしっ放し、『薄氷の殺人』も同じだったなぁ。後半シーンで 逃げるチョウが着ていたのは サッカー アルゼンチン代表のユニフォーム! 地味に嬉しかった。

○ スパイの妻 劇場版
皆さん仰るでしょうけど。この脚本と それを映画にした黒沢監督、主演の2人も併せ『お見事!!』
_____________________

2020ベスト3は『フォードvsフェラーリ』『鵞鳥湖の夜』『スパイの妻 劇場版』。
『地獄の黙示録』『AKIRA』『テネット』をIMAXで観られたのは幸わせでありました。
それにしても『AKIRA』には 今更驚き!2019年設定で「来年オリンピック」とは!!