地域映画ミニフォーラム2019こおりやま

61884963_2495584197126693_4838772853606187008_n.jpg


日時:7月14日(日曜日)受付午前9時30分から
入場料:1000円(学生・子どもは無料)

会場:郡山商工会議所 6階
   〒963-8005 福島県郡山市清水台1-3-8

主催:地域映画フォーラム実行委員会
協賛:福島自主制作映像祭実行委員会
   商店街きらめき21研究会
   千石町通り商店街
   仁井田本家
協力:シネマブロス
   認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭
   ワッヘンフィルムスタジオ
   オフィス佐藤
   GIRAF FILM
   studiotoshi+R
   North UP riverside apartment
後援:郡山市

当日のプログラム一部ご紹介

開場 
9:45~

【第一部】「地方での映画上映を考える」

10:30~
ドキュメンタリー映画の上映   
森田惠子監督『旅する映写機』

作品には、福島県本宮市の本宮映画劇場も取材を受けており田村さんも出演、またミヤコシネマリーンの元支配人・櫛桁一則氏はトークゲストとして参加されます。

12:30~
上映後のトーク「地方での映画上映を考える」

トークゲスト     
森田惠子監督(映画『旅する映写機』監督) 宗形修一氏(シネマブロス代表)       
阿部泰宏氏(フォーラム福島支配人)       
櫛桁一則氏(みやこシネマリーン元支配人)       
高橋卓也氏(認定NPO法人山形ドキュメンタリー映画祭プロジェクトマネージャー)

※第一部のみの一般参加は可能です。メールや電話にて事前予約が必要です。
入場料は1000円(学生・子ども無料)
電話:070-5620-3077
FAX:024-991-2088
メール:local_film@tribe.co.jp

詳細
https://localfilmforum.wixsite.com/lffkya





夢見るコリア・アニメーション2019

01_yumekori_B5program_rev-1.jpg


東アジア文化都市2019豊島パートナーシップ事業として、韓国アニメーション上映会「夢見るコリア・アニメーション2019」を7/27(土)シネ・リーブル池袋にて開催☆ 韓国インディペンデント・アニメーション協会と株式会社フリッカによる主催で開催します。

◆日時:2019/7/27[土]
◆会場:シネ・リーブル池袋 シアター1(定員 140席)

チケット料金:1プログラムにつき1,500円(税込)均一
※各種割引適用不可。 ※特別興行の為、各種鑑賞券・各種招待券はご利用頂けません。

問い合わせ:
■イベント全般に関して 株式会社フリッカ(担当:村上) flicker.corporation@gmail.com
■チケット購入に関して シネ・リーブル池袋 池袋駅西口 東武百貨店隣接 ルミネ池袋8F 03-3590-2126
主催:韓国インディペンデント・アニメーション協会(KIAFA)、株式会社フリッカ
後援:日本アニメーション学会、日本アニメーション協会
協力:花開くコリア・アニメーション http://yumekori.jp/



遅くなりました「2018年お気に入り映画」by佐伯

「すっかり遅くなって」と届いたメールにベストテンが並んでいました。
『バーフバリ』に熱いコメントをくださったと佐伯さまより。DVDで発売されたのも多いですね。
寄せられたベストテンは、レンタルや配信でご覧になるときの参考になります。
好みが似ているなと思われたら未見の作品をぜひ。

【日本映画】
万引き家族
カメラを止めるな!
勝手にふるえてろ
ちはやふる 結び
止められるか、俺たちを
SUNNY 強い気持ち・強い愛
焼肉ドラゴン
ペンギンハイウェイ
リズと青い鳥
rizus.jpg
【外国映画】
バーフバリ 王の凱旋
スリー・ビルボード
ボヘミアン・ラプソディ
ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
15時17分、パリ行き
バッド・ジーニアス 危険な天才たち
恐怖の報酬(1977) オリジナル完全版
メアリーの総て
ブリグズビー・ベア
女は二度決断する
brigs.jpg
【選外だけどお気に入り】
タクシー運転手
セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
スターリンの葬送狂騒曲
レディ・プレイヤー1
いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

2018年 マイ・シネマ・ベスト10! 飯田 眞由美

frolida.jpg
  
春になりました。今年もマイ・シネマ・ベスト10をご報告できることに幸せを感じます。
さて、さっそく第10位から。『スリー・ビルボード』喪失感を乗り越える形は色々。越えられず潰れてしまう者も多い。悲しみと怒り、負のエネルギーが生きる力になると、フランシス・マクドーマンドの演技が示した作品。
 第9位には『万引き家族』。映画のラストシーン。実の親から虐待を受けていた女の子は、結局、元に戻されてしまう。やはり虐待が再燃し始めたと分かる場面。悲しみと諦めを秘めた瞳に観客は無力感を味わう。と、映画を観た後日、円満な家庭を描くテレビCMに引き付けられた。無邪気な笑顔の女の子、これぞ幸せといった画。子役は『万引き家族』のあの女の子だった。安藤サクラより樹木希林よりも舌をまく演技力は、この子役佐々木みゆちゃんにあると実感した瞬間だった、という後日談も。全ての演技者の上手さと、それを引き出した監督の技量を感服。
 第8位は『1987、ある闘いの真実』。正義を求める映画は、どこの国いつの時代でも感動を生む。韓国映画のファンでなくても、知っている顔の男優さんがいっぱい。こういう映画、日本ではしばらく作られていないなと思う。
 第7位には『シェイプ・オブ・ウォーター』を。自分自身がリスペクトされているという実感は、生きる力の源になる。たとえそれが人間ではない生物からのものだとしても。
 第6位『search/サーチ』第5位『グッド・ネイバー』第4位『カメラを止めるな』は、どれも伏線探しにもう一度観たくなる作品。『カメ止め』は低予算で作られたのにリピーター続出で社会現象になったのは周知の話。『search/サーチ』は最初から最後までパソコンの画面の中で物語が進む、密室よりさらに狭い空間が舞台。映画のスクリーンにパソコンのスクリーン。DVDが出たらパソコンで観たら尚いいかもと思った。『グッド・ネイバー』(TV放映)は、なかなかのどんでん返し物。この3本、脚本が上手いと金を掛けなくても面白い物は面白いと証明している。
 第3位『私はマリア・カラス』原題のMaria by Callasが言うように、全てマリア・カラスが自身のことを語ったドキュメンタリー映画。いつもアンコールで歌うという曲は、私の大好きな「私のおとうさん」。それもあって第3位に。
 第2位は『ボヘミアン・ラプソディー』。高校生の頃にタイムスリップ。人種、移民、同性愛やエイズ。映画が描く差別は表面的と言う人もいるけれど、こんなに引き込まれる音楽映画に会えて満足。それにしてもブライアン・メイは本人の出演かと思うほどそっくりでしたよね。
 そして第1位は『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』。当然だが、映画は映像が伝達手段だ。そこに映る者や物、動きに意味がある。それは存在しないことに気づく作業でもある。『フロリダ・プロジェクト』が是枝作品の『誰も知らない』に通じる印象は、父という責任を負う人間の不在だ。無秩序な母だけに糾弾の弓が放たれる。子が生まれる機序に関係しても育てるに至らない男の不実は映像にないから見えない。『フロリダ・・』には、ウィレム・デフォー演じる善良な宿の管理人がいて、それで男に免罪符を与えている。いかにもアメリカ的良心とミソジニーに溢れているではないか。そんな沢山の思いを引き出してくれた、手応え十分の作品。ふー、10本に絞るって難しい!

『セメントの記憶』ジアード・クルスーム監督来日イベント(3/21)

3月23日(土)からの『セメントの記憶』公開を前に、ジアード・クルスーム監督が初来日され、前作『The Immortal Sergeant/不死身の軍曹』の上映会&トークイベントが開催されます。

【開催日】
3月21日(木・祝)
※PEATIXにて優先券を予約した方から先に入場。
予約方法などは、https://www.facebook.com/events/2245479125528587/ で!


【会場】

筑波大学東京キャンパス 120講義室  
住所:〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1

【プログラム・スケジュール】

開場:15:00〜
映画上映:15:30〜(72分)*上映後トイレ休憩
トーク:16:45〜

【トークゲスト】
○ジアード・クルスーム(『セメントの記憶』監督)
○松原康介(筑波大学)
○青山弘之(東京外国語大学 総合国際学研究院国際社会部門)
※その他調整中
※モデレーター・有田浩介(サニーフィルム/『セメントの記憶』配給)

【『The Immortal Sergeant』ジアード・クルスーム監督作品】
2013年/シリア・レバノン/72分/ドキュメンタリー/英語字幕

“2011年、私の徴兵は終わったはずだった———しかし祖国で革命運動が始まり私は軍曹へと昇格してしまった。私の仕事は15年間映画を上映していないバースィル・アサド劇場の運営だった。軍での仕事が終わると、私は小さなカメラを持ち友人のモハメド・マラスの映画の撮影現場に足を運び、彼のスタッフの多くの反体制派にカメラを向けた。彼らの家は破壊され、多くの仲間は殺され、国を追われた者も多くいる。撮影が終わると私は家に帰り、祖国で起きている破壊と暴力についてのニュースを見つめる。無力だ。日は再び昇り、私は軍服を着て新しい1日を始めるために出かける”。

シリア人映画監督であるモハメド・マラスの協力のもとジアード・クルスームが完成させた初の長編ドキュメンタリー。映画は、当時ジアード・クルスームが徴兵制によって仕えていたシリア政府軍管理施設の内部と、勤務後に参加していた反体制派の活動家たちが働いていた映画撮影現場の様子を記録しています。二重生活を送り、統合失調病に苦しんでいたジアード・クルスームは、映画で内省的に語り、ラストあるメッセージを残す。

【登壇者プロフィール】
ジアード・クルスーム (Ziad Kalthoum)
1981年シリア・ホムス生まれ。現在ベルリン在住。2009年にクルド人女性グループを追った短編ドキュメンタリー『OH MY HEART』は製作するがシリア国内の上映が禁止される。2010年に政府軍に徴兵され、2011年、アラブの春がシリアに飛び火し首都ダマスクスで平和でもが行われた。デモ鎮圧のために派兵されたダマスクスで市民が兵士に殺されるのを目撃する。2012年、内戦が激化していくなか、兵士として『The Immortal Sergeant』を製作し始める。本作品は2014年ロカルノ国際映画祭でプレミア上映され、BBCが主催するアラビック映画祭2015で最優秀賞を受賞する。2013年、政府軍を抜けベイルートへ亡命し『セメントの記憶』の製作を開始する。2017年に完成した本作品は世界60カ国100以上の映画祭で上映され、ヨーロッパ映画賞、ドイツ映画賞、インディペンデントスピリット賞、アジア太平洋映画賞など世界の栄えある映画賞にセレクトされる。

松原康介(まつばら こうすけ)
1973年神奈川生まれ。筑波大学システム情報系社会工学域・国際総合学類准教授、地中海・北アフリカ研究センター兼任准教授。専門は都市計画史。近著に『地中海を旅する62章 歴史と文化の都市探訪』(明石書店、2019年)。2006-07年アレッポ大学学術交流日本センター研究員、2009-12年JICAダマスカス都市計画プロジェクト専門家。映画『セメントの記憶』パンフレットの執筆に参画。

青山弘之(あおやま ひろゆき)
東京外国語大学 総合国際学研究院国際社会部門
1968年東京生まれ。東京外国語大学教授。東京外国語大学卒。一橋大学大学院修了。1995~97年、99~2001年までシリアのダマスカス・フランス・アラブ研究所(IFPO、旧IFEAD)に所属。JETROアジア経済研究所研究員(1997~2008年)を経て現職。専門は現代東アラブ地域の政治、思想、歴史。編著書に『シリア情勢:終わらない人道危機(岩波新書)』(岩波書店、2017年)、『「アラブの心臓」に何が起きているのか:現代中東の実像』(岩波書店、2014年)などがある。ウェブサイト「シリア・アラブの春顛末記」(http://syriaarabspring.info/)を運営。

有田浩介(ありた こうすけ)
映画配給会社サニーフィルムの代表。世界のドキュメンタリーを買い付けて国内配給をしています。


『セメントの記憶』については、こちらで!