UNHCR WILL2LIVE映画祭2019

camp.jpg©Salam Neighbor
『難民キャンプで暮らしてみたら』上映時間75分

◆ 9月21日(土)より10月14日迄、東京と名古屋での開催です。

公式: https://unhcr.refugeefilm.org/2019/index.html

日本初公開の映画もあるようです!! (千)

よこはま若葉町多文化映画祭2019+横浜下町パラダイスまつり2019

映画を通じて身近な”世界”を考える「よこはま若葉町多文化映画祭」と、若葉町周辺を舞台にアーティストたちが企画する「横浜下町パラダイスまつり」。 国際色豊かな下町で映画をみて、近所で食べたりおしゃべりしたり。学んで遊べる9日間です!!
https://www.facebook.com/ParadiseFes

2019parafes1.jpg


◆会期 2019年8月24日(土)~9月08日(日)
◆会場 シネマ・ジャック&ベティ+横浜パラダイス会館+その周辺
〒231-0056横浜市中区若葉町3-51-3
◆交通 京浜急行「黄金町」駅より徒歩5分、市営地下鉄「阪東橋」駅より徒歩5分、JR「関内」駅より徒歩15分


2019スケジュールs1.jpg


2019スケジュールs2.jpg


横浜若葉町は戦後GHQの飛行場として使われ、接収解除後は伝説の居酒屋「根岸家」、美空ひばりさんの店ができるなど、裏繁華街として知られる。90年代からは外国出身の人々が多く移り住み「日本一のタイ・ストリート」と呼ばれたこともありました。

コミックマーケット96(夏コミケ)参加のお知らせ ★8/10(土) 西地区 ”え”ブロック 30b

この夏も、東京ビッグサイトで開かれる恒例のコミックマーケットに出展します。
ジャンル問わず年間650本以上観ているミッキーと、イスラーム圏、ユダヤ絡み、インド映画はじめアジア映画が好きな(咲)が、会場で皆様にお目にかかって映画談義できるのを楽しみにお待ちしています。

◆コミックマーケット96(夏コミケ)
https://www.comiket.co.jp/info-a/C96/C96info.html#N200
日時:2019年8月10日(土曜日)10時~16時
場所:東京国際展示場(東京ビッグサイト)

シネマジャーナルの配置場所: 
西地区 ”え”ブロック 30b

昨年の夏コミケ以来の新刊は、シネマジャーナルAnnually Vol.2 通算102号 (2019年4月発行)1冊です。
cj102b_100.jpg

★通算102号
http://www.cinemajournal.net/cj/newcj.html
☆映画祭レポート大特集☆
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、あいち国際女性映画祭 レインボー・リール東京
アジアフォーカス・福岡国際映画祭、恵比寿映像祭、グリーンイメージ国際環境映像祭
東京国際映画祭、東京フィルメックス、ベトナム映画祭、大阪アジアン映画祭
イスラーム映画祭4、東京アニメアワードフェスティバル

◆インタビュー◆ 
『誰がために憲法はある』渡辺美佐子・井上淳一監督・松元ヒロ
『居眠り磐音』本木克英監督、『山懐に抱かれて』遠藤隆監督
『あの日のオルガン』平松恵美子監督
『パリの家族たち』マリー・シャール監督
◎慰安婦問題を考える『主戦場』『蘆葦(あし)の歌』呉秀菁監督インタビュー

☆女性監督作品『クサマ:インフィニティー』『RBG 最強の85歳』『ビリーブ 未来への大逆転』

追悼 張國榮(レスリー・チャン)


★シネジャ予約受付けます!
購入希望の号をお気に入りの監督や俳優の名前を添えて予約いただけましたら、できる限り関係のある特別付録をご用意します!
タイトル索引や、目次一覧で欲しい号を検索してみてください。

タイトル索引
http://www.cinemajournal.net/bn/title.html


在庫一覧
http://www.cinemajournal.net/bn/zaiko.html

夏コミケ会場での購入申込み先: cinemajournalhp@yahoo.co.jp

会場に来られない方は、通常の購読申請表でお申込みください!
http://www.cinemajournal.net/cj/orderform.html

あいち国際女性映画祭2019チケット発売中です!!

あいち国際女性映画祭は女性監督による作品、女性に注目した作品を集めた国内唯一の国際女性映画祭です。24回目となる今回、日本初公開1作品のほか愛知初公開9作品を含む全33作品を名古屋市のウィルあいち、ミッドランドスクエアシネマなどで上映開催されます。
◆ 2019年9月4日~8日迄、作品によって料金が変わってきますので公式サイトでご確認お願いします (千)
公式サイト https://www.aiwff.com

E794BBE5838F-thumbnail2.jpg(c)旦々舎


◾️浜野佐知監督の最新作『雪子さんの足音』も上映作品のひとつ。シネジャ作品紹介
http://cinejour2019ikoufilm.seesaa.net/article/465550697.html

◾️名古屋市在住スタッフ(美)さんの去年の様子はコチラ
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/archives/201809-1.html

◾️東京から駆けつけたスタッフ(暁)さんによる前回のレポート
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/category/26963865-1.html

◆ シネジャ本誌最新102号にも特集記事を掲載してます。販売中!!
http://www.cinemajournal.net/cj/newcj.html


地域映画ミニフォーラム2019こおりやま

61884963_2495584197126693_4838772853606187008_n.jpg


日時:7月14日(日曜日)受付午前9時30分から
入場料:1000円(学生・子どもは無料)

会場:郡山商工会議所 6階
   〒963-8005 福島県郡山市清水台1-3-8

主催:地域映画フォーラム実行委員会
協賛:福島自主制作映像祭実行委員会
   商店街きらめき21研究会
   千石町通り商店街
   仁井田本家
協力:シネマブロス
   認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭
   ワッヘンフィルムスタジオ
   オフィス佐藤
   GIRAF FILM
   studiotoshi+R
   North UP riverside apartment
後援:郡山市

当日のプログラム一部ご紹介

開場 
9:45~

【第一部】「地方での映画上映を考える」

10:30~
ドキュメンタリー映画の上映   
森田惠子監督『旅する映写機』

作品には、福島県本宮市の本宮映画劇場も取材を受けており田村さんも出演、またミヤコシネマリーンの元支配人・櫛桁一則氏はトークゲストとして参加されます。

12:30~
上映後のトーク「地方での映画上映を考える」

トークゲスト     
森田惠子監督(映画『旅する映写機』監督) 宗形修一氏(シネマブロス代表)       
阿部泰宏氏(フォーラム福島支配人)       
櫛桁一則氏(みやこシネマリーン元支配人)       
高橋卓也氏(認定NPO法人山形ドキュメンタリー映画祭プロジェクトマネージャー)

※第一部のみの一般参加は可能です。メールや電話にて事前予約が必要です。
入場料は1000円(学生・子ども無料)
電話:070-5620-3077
FAX:024-991-2088
メール:local_film@tribe.co.jp

詳細
https://localfilmforum.wixsite.com/lffkya